【公式】柏から鳥栖にレンタル中のDFパク・ジョンスがKリーグへ!元Jリーガー監督率いる城南FC加入

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国Kリーグ1(1部)の城南(ソンナム)FCは1月6日、元U-23韓国代表DFパク・ジョンス(26)の獲得を発表した。

【注目】元Jリーガー、キム・ナミル監督が参考にするドイツのチームとは

1994年4月12日生まれのパク・ジョンスは2016年に横浜F・マリノスでプロデビュー。2017年まで2シーズン在籍し、J1リーグで通算21試合に出場した。

その後、2018年1月に柏レイソルに移籍し、2019年6月にサガン鳥栖にレンタル移籍で加入。2020シーズンは8試合に出場していた。

なお、城南FCは2020シーズンのKリーグ1を12チーム中10位でフィニッシュし、2部降格を回避。現役時代にヴィッセル神戸や京都サンガF.C.でプレーしたキム・ナミル監督がチームを率いる。

(写真提供=城南FC)パク・ジョンス

城南FCは「188cmの長身を誇るパク・ジョンスは、制空権の掌握と安定したカバープレーが強みだ。守備的MF出身らしくビルドアップにも優れており、戦術的に大きな助けとなるはずだ」と新戦力に期待を示した。

また、パク・ジョンスは「いつも夢に見ていたKリーグで新たな挑戦の機会をくださったクラブとキム・ナミル監督に感謝したい」とし、「日本での多様な経験を基にチームに早く適応し、守備の中心になりたい」と意気込んだ。

韓国に入国後、自主隔離を終えたパク・ジョンスは、済州(チェジュ)島の西帰浦(ソグィポ)で合宿中のチームに合流予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集