阪神の元監督も太鼓判、新加入のロハス・ジュニアがタイガースで期待できるワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「穴は見当たらない。ホームラン30本は打てる」

元阪神タイガース監督の真弓明信氏は自身が評論家として活動する『日刊スポーツ』に、新外国人選手のメル・ロハス・ジュニアはシーズン30本塁打を打てると語った。

【関連】阪神入りのロハスJr.に日メディア「二の舞いには…」

真弓氏はロハスの打撃映像を見た感想として「左右の打席ともに穴は見当たらないし、変化球にうまく対応できているなという印象を受けた」とし、「ヒットゾーンがとても広い。下半身をうまく使っており、韓国での成績に納得だ」と話した。

ロハスはKTウィズでプレーした今季、142試合で47本塁打、135打点、打率0.349でレギュラシーズンMVPに選ばれた。2017年に入団して以来、通算511試合に出場し132本塁打、409打点、打率3割2分1厘と優れたバッティング性能を見せてきた。

メル・ロハス・ジュニア(左)

KTウィズは年平均200万ドル(約2億円)以上の巨額で主砲の慰留を試みたが、ロハスは2年550万ドル(約5億5千万円)で日本行きを選択。日本の阪神ファンからは大きな期待が寄せられており、シーズン開始前から彼の活躍に関心が集まっている。

真弓氏はロハスが日本で成功するための秘訣として「ロハスが日本で成功するためにはインコース攻めを攻略しなければならない。オープン戦で日本のピッチャーとストライクゾーンに適応する必要がある」とし、「球団もロハスが日本野球に適応できるよう、あれこれ言うよりも最初は見守った方がいい」と強調した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集