FCソウルがACL敗退決定…最終節でメルボルンVに敗れる「チームが成長できる良い機会だった」

2020年12月04日 サッカー #ACL
このエントリーをはてなブックマークに追加

FCソウルのイ・ウォンジュン監督代行が、選手に労いの言葉を送った。

【写真】「国際的な恥」と落胆…FCソウルの“ラブドール騒動”とは

FCソウルは12月3日(日本時間)、カタール・ドーハのエデュケーション・シティ・スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)グループE第6節でメルボルン・ビクトリーに1-2で敗れた。

この結果、グループステージを2勝4敗の勝ち点6で終えたFCソウルは3位となり、ACL敗退が決まった。一方、メルボルンVは2勝1分3敗で勝ち点7とし、グループ2位で決勝トーナメント進出を果たした。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)決勝トーナメント進出を逃したFCソウル

この試合、FCソウルは引き分け以上で決勝トーナメントに進出できる状況だったが、前半から劣勢を強いられた。

前半5分にパスミスから先制点を許すと、同23分にはDFファン・ヒョンス(25)が与えたPKを決められ、前半で0-2。後半にセットプレーからファン・ヒョンスが1点を返したが、結局ドローに持ち込めず。グループステージでACLを去ることになった。

試合後、FCソウルのイ・ウォンジュン監督代行は「最善を尽くして走ってくれた選手に“お疲れ様”と伝えたい。今日の試合は相手の方がプレッシャーの多い試合だった。選手たちは懸命にプレーしてくれたが、得点チャンスがゴールにつながらなかったことが敗因だ」とコメント。

続けて、「今大会を通じて我々の選手たちは多くを学んだはずだ。若い選手が出場機会をたくさんつかんだが、成長する姿を見ることができた。来年がさらに楽しみだ」と述べた。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)イ・ウォンジュン監督代行

最後に、「厳しい状況でも大会を開催できるよう助けてくれたAFC(アジアサッカー連盟)とカタールに感謝する。今大会は我々のチームと選手が成長できる良い機会だったと思う。大会開催に向けて奔走したAFCに感謝したい」と運営の苦労を称えた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集