ファン・ウィジョ、VAR判定についても吐露「AGに続き頂点に立ちたかった…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)生涯初のアジアカップが空しく幕を閉じた。

ファン・ウィジョは昨年夏、アジア大会で得点王を獲得し、韓国サッカーの新しい切り札として登場した。アジア大会での活躍をステップに、韓国代表のワントップとしてレギュラーの座を射止めたファン・ウィジョは、生涯初のアジアカップで5試合すべてに先発出場するチャンスをつかんだ。

ファン・ウィジョはグループリーグで2ゴールを記録したが、肝心の決勝トーナメントでは得点することができなかった。

ファン・ウィジョにとって、今大会はアジア勢トップクラスのFWに躍り出るきっかけになるはずだった。

ファン・ウィジョはカタール戦直後のミックスゾーンで、自身が意見や感想を次のように語り始めた。

(関連記事:キム・ヨングォン、ガンバ大阪への移籍はあるのか。その可能性を分析する

「大会が終わったが、すべてが終わったわけではない。これからはW杯の予選もある。今日負けたことは心の中に刻み、今後のAマッチをしっかり戦わなければならない。(今日の結果を受けて)選手があまり動揺することはないようだ」

ベント監督はカタールとの準々決勝での敗因として、決定力不足を挙げた。

相手に比べて多くのチャンスをつかんだが、フィニッシュの精度が落ち、無得点で試合に負けることになったと分析した。

VARオフサイド判定と自身の今後についても語った!!

ゴール前を固められてしまうと、ファン・ウィジョも自由になれなかった。ファン・ウィジョはカタールが先制ゴールを決めた直後、イ・ヨンのクロスに合わせてボールをカタールのゴールに押し込んだが、VAR(ビデオ判定システム)を経てオフサイドとジャッジされ、同点ゴールは無効になった。

それについてファン・ウィジョの考えはこうだ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集