フィリピン戦後にファン・ウィジョ告白……「前半は申し訳なかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

やはりファン・ウィジョだった。ファン・ウィジョが固く閉ざされたフィリピン代表のゴールをこじ開けた。

パウロ・ベント監督率いる韓国代表が、2019年アジアカップ初戦のフィリピン戦で勝利した。後半22分、ファン・ウィジョのゴールで1-0の勝利を飾った。

交代で投入されたイ・チョンヨンのスルーパスをファン・ヒチャンがペナルティーエリア内の右側で受けて中に折り返し、これをファン・ウィジョが落ち着いて右足でシュート。ゴールにつなげた。

(オススメ記事:ファン・ウィジョのゴールにも熱狂!! 歴代“サッカー応援美女”を一挙紹介【PHOTO】

ファン・ウィジョは試合直後のインタビューで、ゴールを決めた喜びとともに、大量得点できなかった悔しさも示した。

「前半にチャンスが多かったが、決められず申し訳ない部分があった。後半には得点したい気持ちが大きかった」と明らかにした。

「相手が5バックで、守備的だった。サイドからも崩せず厳しい試合をしたが、後半になって相手の体力が落ち、スペースも多くなって試合がスムーズになった」とゴールを決められた理由も分析した。

韓国代表は1月12日にキルギス代表と戦う。ファン・ウィジョは「今まさに始まったばかりだ。最初の試合を乗り切ったので、今後もチームメイトたちとしっかり準備して、より良い結果で勝利したい」と約束した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事