韓国プロバスケ、仁川電子ランドが2020-2021シーズンでチーム運用の終了を予告

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国男子プロバスケットボールリーグであるKBLの10チーム体制が揺れている。まだ2020-2021シーズンも開幕していないが、仁川電子ランドエレファンツが2020-2021シーズンでチームの運用を終了させることを予告した。

【注目】「優勝確定だ」韓国バスケ初の日本人プレーヤー誕生に現地から期待の声

KBLは8月20日、ソウルKBLセンターで第26期・第1回臨時総会と第1次理事会を開催した。

仁川電子ランドエレファンツは臨時総会を通じて、チーム運用の終了を予告した。2003年の創立以降、厳しい経営環境にもかかわらず、チーム運用に最善を尽くした仁川電子ランドエレファンツは、2020-2021シーズンを最後にチームの運営を終了(2021年5月31日まで運営)する。

KBLと会員球団はプロバスケの10チーム体制が維持できるよう、最善を尽くして協力と支援することにした。

10チーム体制が崩れることは避けたいが…

すでに2019-2020シーズン終了後から仁川電子ランドエレファンツの“チーム売却説”は、韓国バスケ界に広がっていた。

(写真提供=KBL)仁川電子ランドエレファンツ

それでも今年5月のFA市場や6月の国内選手登録を無事に終え、2020-2021シーズンの準備を進めていただけに、今シーズンが最後になるとの予告には驚きを隠せない。

KBLはリーグ開始元年である1997年こそ8チーム体制だったが、以降は10チーム体制で成長してきた。9チーム体制になると試合スケジュールなどに不均衡が生じるだけに、リーグとしては避けたいところだろう。

一方、全州KCCイージスのミン・ビョンサム代表取締役と、蔚山モービスフィバス団長にキム・ジンファン常務(経営支援部門部門長)を選出した。専門委員会補欠選挙と関連し、技術委員会委員長にキム・サンシク現男子バスケ代表監督を、技術委員会の委員にイ・サンユン元SPOTV解説委員をそれぞれ選任した。

また選手福祉委員会の委員に原州DBプロミの主将キム・テホンを、競技委員会委員長にKBLキム・ドングァン競技本部長を選任した。任期は2021年6月30日までだ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集