池江璃花子らも出場濃厚な2019世界水泳、公式チケットが1月2日から発売に

2018年12月26日 スポーツ一般 #五輪種目
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年に韓国で行われるスポーツ・イベントの中で大きな関心を集めているのが、『2019光州(クァンジュ)世界水泳選手権大会』だ。

大会は2019年7月12日から28日までの17日間、競泳、飛び込み、水球、オープンウォーターなど6種目が行われる。8月5日から18日までは世界マスターズ水泳選手権大会も行われ、2つの大会で計200数カ国・1万5000人が参加する予定だ。

その『2019光州世界水泳選手権大会』の公式チケットの販売が、年明け早々の1月2日から始まる。

大会組織委員会は12月25日、「開会式・閉会式を含めた6種目90セッション(競技)の入場券販売を、大会開幕6カ月前となる来年1月2日から始める」と発表した。

チケットは、大会組織委員会の入場券ホームページ(https://tickets.gwangju2019.com)を通じて、2019年1月2日午後2時から購入することができる。

開会式・閉会式と6種目の競技など、合計41万9000枚のチケット発行を予定しており、韓国国内で30万枚、海外で7万枚と発行分の90%以上をホームぺージを通じて販売することが目標だという。

2020年東京オリンピックの競泳前哨戦とも位置付けることができる『2019光州世界水泳選手権大会』。池江璃花子、荻野公介、瀬戸大也など“トビウオジャパン”と呼ばれる日本競泳陣にも出場するだけに、ぜひとも注目しておきたい。

(参考記事:韓国“不人気スポーツ”の苦悩…メダルの快挙でも現実は変わらないのか

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事