韓国で延期となっていたラグビー春季大会が開催!全国の学生ラガーマンが楕円球を追う

2020年07月26日 スポーツ一般 #ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国ラグビー協会が主催した2020年度全国春季ラグビーリーグ戦が成功裏に終わった。

【注目】ラグビー日本代表・具智元の母国、韓国のラグビー事情

去る7月6日から17日にかけて、韓国南西部の全羅南道(チョルラナムド)珍島(チンド)郡で行われた今大会は、本来は4月に開催予定だったが新型コロナウイルス感染症の影響で延期となっていた。

そして今回、協会と珍島郡の防疫指針遵守の下、大会が開催された。

今年初めての協会主催大会には、U-16部門に6チーム、U-19部門に12チーム、大学部門に3チームが参加した。U-16部門とU-19部門はトーナメント形式で行われ、大学部門は総当たり戦で行われた。

U-16部門の決勝では慶山(キョンサン)中学が済州(チェジュ)NLCSを20-0で破り優勝。U-19部門では養正(ヤンジョン)高校が長年のライバルである培材(ベジェ)高校を29-6で下し、優勝トロフィーを掲げた。

大学部門では、延世(ヨンセ)大学が高麗(コリョ)大学と慶熙(キョンヒ)大学に勝利し、見事頂点に立った。

(写真提供=韓国ラグビー協会)U-16部門優勝の慶山中学
(写真提供=韓国ラグビー協会)U-19部門優勝の養正高校
(写真提供=韓国ラグビー協会)大学部門優勝の延世大学

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集