“韓国のファン・ダイク”のトッテナム移籍交渉に進展!「双方が肯定的」と韓国メディア

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表DFキム・ミンジェ(23・北京国安)のトッテナム移籍交渉が急速に進展している。

【写真】韓国代表の“美女パートナー”を一挙紹介。ソン・フンミンの恋人は!?

7月15日に『KBS』が報じたところによると、欧州サッカー移籍市場に精通した関係者が次のように述べたという。

「キム・ミンジェの移籍と関連し、北京国安とトッテナム間で交渉が進んでいる。両クラブどちらも移籍に肯定的だ。トッテナムは移籍金1200万ユーロ(約14億円)を提示したが、北京国安は移籍金1700万ユーロ(約20億円)を要求しており、調整が行われている」

一方で解決すべき問題も残されている。

キム・ミンジェ

新型コロナウイルス感染症の影響でキム・ミンジェと直接会えずにいた北京国安は、韓国の代理人を通じて選手とコミュニケーションを図ろうとした。

だが、本人は「UAEに滞在しているポルトガル人の代理人をあたってくれ」と、クラブとの話し合いの場を設けることを避けたという。

北京国安との間の契約が2021年12月までとなっているキム・ミンジェは現在、チームに合流するため去る7月5日に中国に入国し、2週間の自主隔離を行っている。

トッテナムではベルギー代表DFヤン・フェルトンゲン(33)のシーズン終了後の退団が確実視されている。このことから、ジョゼ・モウリーニョ監督がクラブ幹部にキム・ミンジェ獲得を要請したとも伝えられている。

現在、トッテナムには同国のエースであるソン・フンミン(28)が所属している。来シーズン、2人のプレミアリーグ共演は実現するのだろうか。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集