女子ゴルフ世界ランク3位パク・ソンヒョンが延期の東京五輪への思い明かす「焦らずに…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

再起を誓うパク・ソンヒョン(26)は落ち着いている。

【写真】イ・ボミやアン・シネ以外にも!韓国美女ゴルファー7人を紹介

3月26日、マネジメント会社『セマ・スポーツ・マーケティング』を通じ、パク・ソンヒョンが近況を伝えた。

2018年の全米女子プロ選手権を制覇し、2019年は序盤から脅威の勢いで優勝を獲得、世界ランキングで不動の1位を確立するとみられていたパク・ソンヒョン。しかし、突然のパットの乱調によって、優勝を目前にした脱落が繰り返されるようになった。

同じ所属会社、同じスポンサーを持つようになったコ・ジンヨン(24)に1位の座を明け渡し、現在は3位にとどまっているパク・ソンヒョンは、「急ぎすぎずに長期の計画を立てて、シーズンの準備をしたい」と明かした。

パク・ソンヒョンは昨年から「オリンピックに出場出来たら…そして、良い結果を出せたなら、私のゴルフ人生の一つの転換点となるだろう」と、オリンピックへの思いを語っていた。

(写真提供=セマ・スポーツ・マーケティング)パク・ソンヒョン​​​​​​

米国女子ツアーで活躍する韓国勢2番目の世界ランキング3位ではあるが、オリンピック出場権は保証されていない。厳しいトレーニングをこなし、再起を果たすことをパク・ソンヒョンは誓っていた。

しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で米国女子ツアーが相次いで中止となり、オリンピックすらも延期になった。

パク・ソンヒョンは「オリンピック延期は予想をしていた。大きな大会の延期は決して簡単な決定ではないと思うが、すべての人々の健康と安全のための最善な決定だったと思う」と、今回の東京五輪延期について言及した。

そして、「選手の身としては、トレーニングや準備の期間を設けられたという気持ちで頑張りたい」と明かした。

現在、パク・ソンヒョンはアメリカでトレーニングと休息を並行している。「トレーニングは決められたパターンで行っている。スイングについてたくさん悩んだが、今は上手く解決できていると思う。焦らずにトレーニングを続けたい」と、念願の東京五輪出場に向けて意気込みを語った。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集