息子が“コネ”利用で非難…辞任の韓国大統領府秘書官が国民に謝罪「全面的に私の責任」

2021年12月21日 社会 #韓国政治
このエントリーをはてなブックマークに追加

12月21日、息子の入社志願書問題で辞任することになった韓国大統領府の金晋局(キム・ジングク)民情首席秘書官が、「私の息子が不適切な行動をしたことは全面的に私の責任だ。何より国民にご心配をおかけした点を深くお詫びする」と、韓国大統領府(青瓦台)の春秋館で謝罪した。

【注目】韓国就活生が反発する非正規労働者の正規雇用、大統領府の意見は?

続いて「父として不足していた」とし、「国民に仕える公職者は、少なくとも家族について一点の誤解や疑惑があってはならないと考えてきた。少しでも恥ずかしい点があれば、当然責任を負うのが道理だと思った。なので私は去ることにした」と伝えた。

そして「私は去るものの、文在寅(ムン・ジェイン)政府の定義と工程に向けた意志と努力は、国民から完全に評価されることを希望する」と強調した。

(写真提供=OSEN)韓国大統領府(青瓦台)

最後に「最後まで大統領のそばを守ることができず、申し訳ない」としながらも、「必ず成功した政府、成功した大統領になることを切に願う」と語っている。

今回の辞任に先立ち、キム秘書官の息子は、数社の企業に提出した入社志願書に「父は民情首席秘書官だ」という内容を書いていたという。この事実が世に広まると、いわゆる“コネ”を利用しようとした不適切な行動だと非難を浴びることとなった

キム秘書官はメディアに「弁解の余地がなく、心からお詫びする」としながらも、「息子は不安や強迫症状などで治療を受けてきた」と釈明したことがある。

【画像】韓国ファーストレディ候補が犯罪者のように逃走…

韓国ファーストレディ候補は元風俗嬢?大統領選が大荒れに…対立候補も泥沼訴訟中

元風俗嬢説に続いて“偽の経歴”で大学教授着任か…韓国の美人ファーストレディ候補に疑惑噴出

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集