韓国MBC、今度は女子バレー日韓戦勝利インタビュー「字幕操作」で猛非難

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京五輪の中継で何かと不祥事が続く韓国の民放テレビ局MBCが、また失態を犯した。同局のニュース報道を再構成したYouTubeチャンネル『エムビッグニュース』で、女子バレー韓国代表キム・ヨンギョンのインタビュー映像に字幕ミスがあって波紋を呼んでいる。

【写真】韓国MBCが東京五輪開会式中継で大炎上…ウクライナ選手団紹介時にチェルノブイリ原発の写真を使用

この日の放送では、「キム・ヨンギョンのインタビューフル映像/できる!やってみよう!諦めない!」というタイトルの映像を掲載。東京五輪女子バレーボールの韓日戦での勝利後に行われたキム・ヨンギョンとのインタビュー映像だ。

記者は「国民に希望を届けましたが、いかがですか?」と質問し、キム・ヨンギョンは「とても胸がいっぱいだ」と答えた。

しかし、字幕では記者の質問が「サッカー、野球は負けてバレーボールだけ勝ったが?」と処理されたため、それはまるでキム・ヨンギョンがほかの種目を過小評価したという誤解を招きかねない余地があるため、多くのネットユーザーたちはMBCへの非難を強めた。現在、該当の映像は非公開状態だ。

字幕では「サッカー、野球は負けてバレーだけ勝ったが?」となっている。

MBCは、東京五輪を中継し、相次ぐミスで非難されている。7月23日の開会式中継では、一部国家を紹介する場面に不適切な写真を入れて非難を受け、7月25日には韓国対ルーマニアのサッカー中継中、オウンゴールを記録した相手チームのマリウス・マリンに対して「ありがとうマリン」という字幕を広告中画面上段に露出して批判された。

パク・ソンジェMBC社長は記者会見を開き、「慎重性に欠けた放送で傷ついた当該国家の国民と失望した視聴者の方々に対し、コンテンツの最高責任者として頭を下げて謝罪する」とした。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集