韓国で“性犯罪者の個人情報”がモバイルで確認できるように「いつでもどこでも便利に」

2020年11月09日 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国では来る11月25日からカカオトークなどのモバイルを通じて、「性犯罪者の個人情報」を確認することができるようになる。

【注目】性犯罪者の個人情報を暴露する韓国の「デジタル刑務所」とは

11月9日、韓国女性家族部によると、「性犯罪者の個人情報」のモバイル告知が11月25日から実施される。今年までは試験的に郵便とモバイル告知を並行し、来年からはモバイル告知書の未閲覧者に対してのみ郵便による告知書を発送する。

19歳未満の児童・青少年を持つ世帯の世帯主がカカオトークやカカオペイに加入し、本人認証の手続きを行えば、受信と閲覧が可能となる。

「いつでも性犯罪者の情報を確認できる」

これまで性犯罪者の個人情報は、19歳未満の児童・青少年保護世帯の世帯主に郵便を通じて通知してきたが、発送から受信までの3~5日かかるうえ、発送の遅れや紛失問題、個人情報の流出の懸念などがあり、不便という声が高まっていた。

そこで女性家族部は、性犯罪者の転入・転出時の関連情報をスマートフォンを通じていつでもどこでも確認できるように、モバイル通知制度を導入した。ただし児童・青少年保護機関には、従来のように郵便で告知書を発送する。

(画像提供=韓国女性家族部)「性犯罪者の個人情報はカカオトークで受け取ってください」

モバイルでの告知書の受信と閲覧を希望する場合は、19歳未満の児童・青少年保護世帯の世帯主がカカオトークやカカオペイに登録し、本人認証の手続きを行う必要がある。告知書は、児童・青少年保護世帯の世帯主に発送されるため、世帯員は「性犯罪者通知e」のホームページで別途、申請しなければならない。

韓国女性家族部イ・ジョンオク長官は、「モバイル電子告知の導入によって国民がいつでもどこでも便利に性犯罪者の情報を確認することができる」とし、「今後も性犯罪者の個人情報公開と告知制度を継続的に改善し、子供や家族が性犯罪から安全な環境で暮らしていけるように努力したい」と、導入の趣旨を説明した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集