元K-POPアイドルの女優に「淫らな悪質コメント」を書き込んだ30代女性、控訴審でも実刑宣告

2020年02月13日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

1990年代後半から2000年代前半に人気を博したK-POPガールズグループ「Baby V.O.X」。そのメンバー出身で女優のシム・ウンジンに、継続的に悪質なコメントを書き込んだ30代女性イ氏が、控訴審でも実刑を宣告された。

【関連】「悪質コメントに殺された」25歳でこの世を去ったK-POPアイドルとは

2月13日、ソウル西部地裁・刑事控訴1部(部長判事イ・ネジュ)の審理で開かれたイ氏の性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反(通信媒体利用淫乱罪)容疑の控訴審宣告公判で、裁判所は懲役5カ月を宣告した原審を破棄し、懲役4カ月を宣告した。

また裁判所は、イ氏に80時間の性暴行治療プログラムの履修と3年間の児童・青少年・障害者福祉施設への就業制限も命じた。

ただ裁判所は一審の宣告刑が重いと判断し、量刑を1カ月減らした。

イ氏は2019年、SNSを通じて8回にわたり、シム・ウンジンに性的羞恥心を起こす文章を書き込んだ疑いで裁判にかけられた。シム・ウンジンのSNSに「(シム・ウンジンが)特定の俳優と性関係にある」などと書き込んだという。

シム・ウンジン

シム・ウンジンだけでなく、歌手カン・ミヨンと俳優ウォン氏などにも悪質なコメントを書き、告訴されたことがある。

裁判所は「被害者たちが深刻な精神的苦痛を受けており、厳しい処罰を望んでいる」としながらも、「イさんが起訴された犯罪内容の一部について、以前に略式命令や正式裁判を通じて刑が確定しているため、免訴処分とした」と量刑理由を明らかにした。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事