『朱蒙』『太王四神記』の出演俳優が入隊していた…“飲酒運転ほう助”の騒動後か

2020年01月29日 話題 #兵役
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優オ・スンユンが昨年、兵役についていた事実が遅れて明らかになった。

1月29日、オ・スンユンの所属事務所T&I CULTURES側は、「オ・スンユンが昨年9月に陸軍に入隊し、現在軍服務中だ」と述べた。

除隊は2021年4月の予定だ。

オ・スンユンは昨年、飲酒運転ほう助の疑いで物議を醸した。オ・スンユンは2019年7月26日深夜、同乗していた女性Aさんの飲酒運転をほう助した疑いを受けた。

Aさんは居酒屋で酒を飲んだ後、オ・スンユンの乗用車を50mほど運転し、取り締まり中の警察に摘発された。当時Aさんの血中アルコール濃度は、免許取り消しレベルの0.101%だった。

警察に書類送検されて調査を受けたオ・スンユンは、最後まで同乗者の飲酒運転を防げなかったことを反省していると伝えた。

この議論によってオ・スンユンは、当時撮影中だったドラマ『メロが体質』(JTBC)から降板し、バラエティ番組などでも編集で出演をカットされた。

オ・スンユン

オ・スンユンは1991年3月27日生まれ。1996年、5歳のときに子役としてドラマデビュー。以降、『女人天下』『不滅の李舜臣』『朱蒙』『太王四神記』『火の女神ジョンイ』など、数々の韓国時代劇に出演していることで知られる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事