【韓流スターあの人は今】チャングム支えた名女優は亡くなっていた!! 貫いた女優魂

このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年代の開始とともに、日本に沸き起こった韓流ブーム。ドラマで火が付いた人気はやがてK-POP人気へとつながり、今では10代たちも熱狂する“第3次韓流ブーム”が起きている。

気になるのはかつて人気だった“あの人”たちのその後だ。

彼ら彼女らは今、どうしているのだろうか。

シリーズでお届けする意欲企画。今回は韓流時代劇の名作『宮廷女官チャングムの誓い』で印象的な存在感を放った、重鎮女優ヨ・ウンゲのその後について紹介する。

【写真】母は『チャングム』出演の美人女優!! 美しき二世女優イ・ユビとは?

チャングムを見守った重鎮演じたヨ・ウンゲ

日本に韓流時代劇ブームを巻き起こした『宮廷女官チャングムの誓い』で、主人公チャングムらが働く水刺間(スラッカン)の最高尚宮を務めたチョン尚宮のことを覚えているだろうか。

チャングムの師匠であるハン尚宮の良き先輩であり、ハン尚宮はもちろん、チャングムを温かく見守るその姿に、理想の上司の姿を見た視聴者たちも多いことだろう。

このチョン尚宮を演じたのがベテラン女優のヨ・ウンゲだ。韓国では『チャングム』放映中、“韓流・元老スター”とも呼ばれて人気だった。

(写真=MBC)ヨ・ウンゲ

『チャングム』以降は『私の名前はキム・サンスン』(2005年)、『ヨメ全盛時代』(2007年)などにも出演。だが、撮影中に腎臓ガンであることが発覚した。

ガンは肺にも転移して闘病生活を余儀なくされるが、それでも女優業はやめなかった。しかし、2009年5月に帰らぬ人となった。亡くなる直前までドラマ『チャンファ、ホンリョン』に出演するなど、最後まで女優業を貫いた人生だった。

その功績を称え、2011年には韓国放送大賞・功労賞が贈られている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集