韓国芸能人を苦しめる“指殺人”…なぜ「悪質コメント」はなくならないのか

2019年12月13日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

取材やミーティングなどがあってソウルに来ている。知人の記者や芸能関係者と会うと必ず話題に上がるのは、ここ最近、韓国で問題となっている「テックル」のことだ。

テックルとは「テダプ=答える」と「クル=文字や文章」という韓国語を組み合わせた造語で、書き込みコメントのこと。悪質なものは「悪性テックル」、もしくは以前紹介した「悪プル」(悪性リプライを略した造語)という。本欄では「悪質コメ」とする。

11月24日に自ら命を絶ってしまった元KARAで歌手のク・ハラや、10月に亡くなったガールズグループf(x)の元メンバーだったソルリが悪質コメに苦しんでいたことは、すでに日本でも報じられている通りだ。

【関連】元KARAク・ハラが残した“メッセージ”…なぜ韓国アイドルの死が相次いでしまうのか

最近も元WannaOneの歌手カン・ダニエルが、健康上の理由で活動を中断。ファンサイトを通じて悪質コメによる苦痛を吐露した。

一部の心ないネットユーザーたちの悪質コメが芸能人たちを苦しめ、死に追いやるとして、韓国では「テックル・テロ」「悪プル怪物」、さらにはキーボードを叩く指で人を殺すということから「ソンカラク(指)殺人」ともいわれている。

ク・ハラ(左)とソルリ

“指殺人”の温床はポータルサイト

そんな悪質コメの温床となっているのが、ニュースポータルでもある。

韓国ポータルサイト内におけるコメントの悪質コメントとそうでないコメントの比率は、4対1で悪質コメのほうが多いという大学教授の研究結果もあるほどなのだ。

韓国のニュースポータルの最大手といえばNAVER(ネイバー)だが、『釜山日報』が9月から10月にかけてネイバーのコメント欄を分析した結果、2929万901のコメントがあり、その11%にあたる340万3019のコメントが申告もしくは個人の判断によって削除されたものだという。

「そのほとんどが“悪プル”の数値で、侮辱的な発言含めない人身攻撃やセクハラなども含めれば、悪意の程度はさらに高くなる」(『釜山日報』)。

そんなこともあってf(x)のソルリが自ら命を絶った10月には、『オーマイニュース』が世論調査専門機関であるリアルメーターに依頼して、「ポータルサイトニュース記事にテックルは必要か」という調査も行われている。

ニュースのコメント欄はなくすべき?

その結果が興味深い。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事