『トッケビ』の2人はバラエティでも最高だった! コン・ユ&イ・ドンウクの友情にスタジオほっこり

このエントリーをはてなブックマークに追加

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』(tvN)で犬猿の仲を演じた2人の俳優が、今度はトーク番組のMCとゲストとして特別な時間を過ごした。

【関連】イ・ドンウク、冠番組の制作発表会で“コン・ユへの感謝”伝える

12月4日に放送された韓国SBSの新番組、『イ・ドンウクはトークがしたいから』(原題)では、記念すべき第一回のゲストにコン・ユが選ばれ視聴者の関心を集めた。

この日コン・ユを温かく迎えたMCのイ・ドンウクは、「幼い頃からトークショーが浪漫だった」と語り、夢を実現した喜びをあらわにした。

韓国で大ヒットしたドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』で縁を結んだ2人が再び同じ時間を過ごすことは、ファンにとっても喜ばしいニュースだった。特に、コン・ユは映像作品以外の活動が決して多くない。それだけに、傍聴席から沸き上がった歓声は大きなものだった。

コン・ユは「イ・ドンウクからトークショーを提案されて、相談を重ねた。実際にやることになったら僕がゲストとして出ようかという話もしていたが、それが現実になった」と語り、イ・ドンウクとの友情をアピールした。

2人は、ドラマの放送終了後にプライベートでも交流を重ね、一層仲を深めたという。トークショーの進行中も、仲睦まじさを隠せない様子だった。コン・ユはどんな質問に対してもウィットに富んだ返答でスタジオを暖め、イ・ドンウクもそんなコン・ユに対して「楽しそうだ」とコメントした。コン・ユもまたイ・ドンウクに対して「面白い」と満足げに返した。

2人はその後も、ネットニュースに上がった過去の写真記事のタイトルを聞いてポーズを再現したり、最近決行した済州島旅行の模様を通じて『トッケビ』の裏話やちょっとした日常会話を楽しむなど、普段は触れることのできないような俳優コン・ユとイ・ドンウクの意外な一面を次々と披露した。

今回のコン・ユ編は2回構成となっており、2人の交流は来週もお茶の間に届けられる予定だ。

『イ・ドンウクはトークがしたいから』は、イ・ドンウクによるマンツーマントークショーで、韓国のバラエティ番組としては久々に復活した形式でもある。初回放送が終わるや否や、韓国のポータルサイトではリアルタイム検索ワードに番組名やイ・ドンウクの名が浮上し、好調なスタートが証明された。

しかし、初回ゲストが普段から交流のあるコン・ユであったことも反響の一因だろう。いうなれば、次回のゲストからがイ・ドンウクにとって本当の勝負なのだ。

同枠放送の『ラジオスター』(MBC)がすでに人気バラエティの地位を固めているだけに、『イ・ドンウクはトークがしたいから』が初回放送の話題性をキープすることができるのかにも注目が集まっている。

『イ・ドンウクはトークがしたいから』は、毎週水曜の午後10時に放送されている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事