準強姦容疑の韓流スター、容疑否認の中で被害女性が証人尋問へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

準強姦などの疑いで裁判にかけられている韓流スター、カン・ジファンに対する結審公判が開かれる。

11月21日午後、水原(スウォン)地裁の城南(ソンナム)支部刑事1部は性的暴行・セクハラの容疑(性暴力犯罪の処罰などに関する特例法上の準強姦罪)で起訴されたカン・ジファンに対する結審公判を進める。

【写真】カン・ジファン緊急逮捕で再注目…「性的暴行疑惑」が浮上した“韓国スター”一覧

カン・ジファンは7月9日、京畿道(キョンギド)の広州(クァンジュ)市に位置した自宅で自分の撮影を助ける外注スタッフ2人と酒を飲んだ後、彼女らが寝ていた部屋に入って1人を性的暴行し、もう1人にセクハラした疑い(準強姦および準強制わいせつ)で拘束された。

カン・ジファン

カン・ジファンは第3回公判で、あらゆる容疑を認めた当初の立場を覆した。カン・ジファンの弁護人は被害者1人に対する強制わいせつ部分について「心身喪失の供述に疑いがある」として、容疑を否認する趣旨の立場を明らかにした。

今日の結審公判では、被害女性に対する証人尋問とともに公判を終結する。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事