“嘘で塗り固められた”『PRODUCE』シリーズ。放送局側は「再発防止に努める」と発表したが…

2019年11月14日 話題 #Wanna One #IZ*ONE #X1
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国Mnetの有名オーディション番組『PRODUCE』シリーズが巻き起こした投票操作疑惑の波紋は、結局全シーズンに広がった。

【関連】『PRODUCE 101』日本人出演者が「1シーズンも不正あった…そもそも出来レース」と主張

韓国では最近、同番組の最新シーズン『PRODUCE X 101』に投票操作の疑惑が浮上。これに関して拘束捜査を受けたアン・ジュニョンPDはIZ*ONE(アイズワン)とX1(エックスワン)を輩出した『PRODUCE 48』『PRODUCE X 101』で投票操作があったことを認めた。

アンPDは当初、I.O.IとWanna Oneを輩出した先の2シーズンについて操作を否定していた。しかし11月14日、警察によると当該のシーズンの操作事実も確認された。一部データ間で誤差が発見されたという。

検察に送検された際、アンPDとキムCPは報道陣の質問に対して「申し訳ございません」と伝え、現場を離れた。結局、『PRODUCE』シリーズは全シーズンにわたって何かしらの操作があったことが発覚し、大きな議論を呼んでいる。

アン・ジュニョンPD

これによる後遺症も続いている。

去る11月11日にカムバックを予定していたIZ*ONEはアルバムリリースを延期、事前に収録を終えていた出演番組はすべてお蔵入りとなった。X1も事実上、活動中止の危機に面している。

先のシーズンでも操作が発覚したことで、I.O.IやWanna Oneにまで火の粉が飛ぶ見通しだ。もちろん両グループともすでに活動を終えているが、Wanna Oneは各自が新たなグループやソロ歌手、俳優として活発な活動を続けており、I.O.Iも年内の再結成を準備してきた。今後の活動に与える影響は決して少なくないだろう。

Mnet側は一連の騒動に関して、「再発防止のための対策を立てるため論議中」と慎重な立場を示している状況だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事