“女装男子”から“二次元キャラ”まで…斬新なキャラクターで大成功した韓ドラ界の若手俳優たち

2019年10月26日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでスポットライトを浴びることのなかった俳優たちが、続々と主演に抜擢されてドラマ界をリードしている。

【関連】初の時代劇で“完璧な女装”を見せた若手俳優、驚きのデビュー秘話とは?

ゆっくりと、しかし着実に実力を磨いてきた若手俳優たち。斬新な設定や予測不可能なストーリーに圧倒されることなく主演俳優としての存在感を証明した彼らは、“成長型俳優”と呼ばれるようになった。

現在KBS2で放送中の月・火ドラマ『朝鮮ロコ 緑豆伝』(原題)で驚きの変身を見せたのは、チャン・ドンユン。

韓国ポータルサイトの最大手、NAVERで連載されたWeb漫画を原作とする『朝鮮ロコ 緑豆伝』は、未亡人の集落に潜入した女装男子チョン・ノクドゥ(チャン・ドンユン)と、妓生(キーセン。日本でいう芸妓に近い)見習いのトン・ドンジュ(キム・ソヒョン)という“ワケあり男女”が繰り広げるラブコメディだ。

(写真左から)チャン・ドンユン、ロウン、キム・ミンジェ

「ヒロインよりかわいい」の声続出

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事