「尿意をもよおしたときに踊るダンス」K-POP歌手を侮辱した米ラッパーが非難浴びる

2019年10月11日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのラッパーCupcakKeが、元I.O.Iメンバーで歌手のチョンハを侮辱したことが一足遅れて知らされ、激しい非難を浴びている。

CupcakKeは9月22日、自身のSNSにチョンハがダンスする動画を上げ、「私が尿意をもよおしたときに踊るダンス」という文章で侮辱した。

【注目】BTSを侮辱…ギリシャの女性タレントに非難殺到

また「誰? チョンハって? 私がガムを噛むことが気になるのか」とも伝えた。

このコメントが広く拡散されながら、CupcakKeの軽率な言動を指摘する反応が厳しくなった。

削除を要求されたCupcakKeは、最終的に文章を消去した。

アメリカの芸能メディア『ハリウッドライフ』は「CupcakKeがK-POPファンに激しい非難を受けた」と報じ、「CupcakKeはカミラ・カベロを人種差別主義者と主張したことがあり、今年初めには極端な選択を暗示する文を載せてファンを驚かせた」と、彼女が今まで起こした騒動についても伝えた。

チョンハ(左)とCupcakKe

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事