【全文】“デキ婚”を叩かれた元K-POPアイドルが反論「恥ずかしいことはない!」

2019年10月07日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚のニュースを伝えたガールズグループT-ARA出身のハン・アルムが、悪質なコメントに対して怒りを表わした。

【関連】T-ARAのヒョミン、“いじめ騒動”で辛かった過去を振り返る

ハン・アルムは10月6日、インスタグラムに自分の結婚報道についたコメントをキャプチャした画像と、長文を掲載した。

ハン・アルムは「気になるのは“スピード違反(できちゃった結婚を表わす言葉)”は道路の上だからこそ犯罪なのであって、愛する人とあったからと犯罪になるか」と反論。そして「なぜあんなに熱心にコメントをするのか」と、不快な感情を表わした。

続いて「私たちは赤ちゃんのために結婚するのではなく、お互いが愛し合って結婚を先に決め、挨拶まで済ませており、新居まで購入して、すべてが終わってから起きたことだ」と説明した。

ハン・アルムは、「お祝い事が重なったとしかいえない。私は恥ずかしいことがひとつもない」と付け加えた。

最後に、「母親としてしっかり消費されろというコメントは、本当にありえない。それなら私たちの母親たちの尊敬されるべき苦労の歳月は無駄だったのか」などと伝えた。

先立ってハン・アルムは同日、インスタグラムを通じて妊娠したことを伝え、2020年2月に予定されていた結婚を、来る10月20日に繰り上げと明かした。

(写真=ハン・アルムInstagram)

以下、ハン・アルムのインスタグラム全文。

このコメントのレベルは…! 本当に若い人が書いたコメントであることを望むだけです! それでも昼休みを使ってコメントまでつけていただき、とても感謝しています。

ところで気になるのは、“スピード違反”は道路の上だからこそ犯罪なのであって、愛する人とあったからと犯罪になるか。それなのになぜあんなにも熱心にコメントを書いてくれるのか、頭のふたを開けてみないとわからないようです。

私たちは赤ちゃんのために結婚するのではなく、お互いが愛し合って結婚を先に決め、挨拶まで済ませており、新居まで購入して、すべてが終わってから起きたことです。

そして私とオッパ(兄という意味。ここでは夫を指す)の考えでは、早く産んで、新婚生活を選ぶよりも若い親になって、子供と旅行にたくさん行って一緒に遊ぶために赤ちゃんを早く望んでいたので、お祝い事が重なったとしかいえないんです!

このように祝福を受けることを、恥ずかしいコメントで台無しにしないでね。あなたたちもそうやって生まれた人間だから! 恥ずかしくないですか。私は恥ずかしいことはひとつもない! それでも時間作り、関心を持ってお祝いしてくれた人たちに感謝します。

(母親としてしっかり消費されろというコメントは、本当にありえない。それなら私たちの母親たちの尊敬されるべき苦労の歳月は無駄だったのですか。そして消費ではなく、夫がどのようにしてくれるかによって、母親というのは本当に大きな幸せになれるのです)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事