『不滅の恋人』ユン・シユンも!! 韓国時代劇でブレイクする若手俳優が多い理由

2019年10月06日 テレビ #韓流時代劇
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎週日曜夜にNHKで放送されている韓国時代劇『不滅の恋人』。

韓国では『TV朝鮮』というケーブルチャンネルでありながら話題を集めた作品だけに、日本でも毎週放送を楽しみにしている人は少なくないだろう。

同作でイ・フィ役を務めている俳優ユン・シユンは『製パン王キム・タック』で大ブレイクした俳優。近年、時代劇で再び存在感を示している俳優だということをご存知だろうか。

ユン・シユンは除隊後の2016年に『魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋~』で時代劇に初出演すると、『不滅の恋人』『緑豆の花』で熱演を繰り広げた。ユン・シユンを“時代劇職人”(『Newsen』)と表現する韓国メディアもあるほどだ。

実はユン・シユンのように、時代劇を通じて存在感を示した俳優は少なくない。

ユン・シユン

離婚が大きな話題になったあの俳優も

例えば、最近は女優ソン・ヘギョとの離婚で話題を集めたソン・ジュンギだ。

【関連】「思い返すとあれが決定打だった」…関係者が目を疑ったソン・ヘギョの“ある行動”

彼は『トキメキ☆成均館スキャンダル』や『根の深い木』で、しっかりとした演技力を見せ、俳優としての地位を確固たるものにした。その後の活躍は『太陽の末裔』など、日本でも知られているところだろう。

また、歌手やバラエティ番組で活躍していたイ・スンギも、『九家の書』で時代劇デビューし、それが好評を得たことで俳優活動の幅が広がったといえる。そんな『九家の書』で共演した女優ペ・スジと、現在はドラマ『バガボンド』で共演しているのだからおもしろい。

『星から来たあなた』で知られるキム・スヒョンも、時代劇でその名を上げた最たる例だろう。

韓国で最高視聴率42.2%を叩き出した時代劇『太陽を抱く月』をきっかけに、存在感を大きく示した。前出の『星から来たあなた』はもちろん、韓流スターが一堂に会した映画『10人の泥棒たち』で主役級のキャラクターを務めるなど、成長著しかった。

キム・スヒョン

こうした傾向は2019年に入っても続いており、『王になった男』のヨ・ジング、『新入史官ク・ヘリョン』のチャ・ウヌ、来る10月4日から放送予定の『私の国』ウ・ドファンなどがいる。

なぜ“時代劇”なのか

それにしても、なぜ彼らは時代劇の出演を選ぶのだろうか。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事