【韓流スターあの人は今】女性スキャンダルの活動自粛を乗り越えて復活したパク・シフ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップスターの地位を維持するのは大変だ。ちょっとした慢心が驕りで、その地位から一瞬で落ちてしまうこともある。そのまま消えてしまう芸能人もいれば、捲土重来の復活を果たすスターもいる。

日本で人気を呼んだ韓流スターのその後を紹介する連載企画。

今回はトップスターから奈落の底に突き落とされるも、見事に復活した韓流スターを紹介しよう。

女性スキャンダルで活動自粛も復活したパク・シフ

2011年に韓国で大ヒットを記録した韓流時代劇『王女の男』。その主演を務めたパク・シフはKBS演技大賞を受賞し、翌年のドラマ『清潭洞アリス』も大ヒットを記録して、名実ともにトップスターの一員となった。

しかし、俳優として絶頂期を迎えたパク・シフの栄華は長く続かなかった。2013年2月18日、女優志望生A氏から強姦容疑で告訴されてしまったのだ。

【関連】カン・ジファン緊急逮捕で再注目…「性的暴行疑惑」が浮上した“韓国スター”一覧

パク・シフ

貴公子のイメージが浸透していたパク・シフにとっては、その芸能活動に支障をきたす大きな打撃。パク・シフは警察の調査を受けた後、自身の潔白を訴えて、A氏との法廷闘争に持ち込むが、最終的にはお互いが告訴を取り下げることで事件は収束した。

しかし、事件が解決しても、パク・シフがもつ“貴公子”のイメージは、完全に崩れ去った。また、日本放送が決定していた『清潭洞アリス』が放送未定になってしまうなど、俳優業にも深刻な影響があった。

あまりにも悲惨な転落劇を前に、現在ではこの事件は「パク・シフを嵌めるための罠」だったという説が根強く、「A氏の美人局説」や、所属事務所から独立しようとするパク・シフに腹を立てた「事務所黒幕説」なども囁かれているが、いずれにしてもパク・シフがたった一晩でスターの地位を失ってしまったのは事実だった。

このスキャンダルを機にパク・シフは、一時的に韓国での芸能活動を自粛せざるを得なくなり、中国映画に出演したり、日本で地道な活動を続けた。

2014年に横浜で行ったファンミーティングには、1万人を超えるファンたちが詰めかけた。濡れ衣をきせられたパク・シフにファンは同情的で、彼の本格復帰を静かに待った。

そんなパク・シフが韓国での芸能活動を本格再開させたのが2017年。ドラマ『黄金の私の人生』で主役としてカムバック。実に5年ぶりのドラマ出演だった。

2018年にはロマンチックコメディ『ラブリー・スター・ラブリー』、2019年にはミステリアスメロドラマ『バベル』で主演を務め、着実に復活への道を歩んでいるパク・シフ。映画でも『殺人の告白』など、その確かな演技力は評価されているだけに、完全復活と日もそう遠くはないかもしれない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集