新ドラマで異端な不良検事演じるEXO・D.O.、キャラ作りで「デビュー後初のパーマ」に挑戦

2022年10月05日 話題 #韓国映画 #EXO
このエントリーをはてなブックマークに追加

EXOのD.O.こと俳優ド・ギョンスが、“不良検事”を演じるために努力したと明かした。

【関連】D.O.の意気込み「魔性の魅力をもつ男」

ド・ギョンスは10月5日、KBS2の新ドラマ『真剣勝負』(原題)のオンライン製作発表会で、「私は思ったよりも大人しかったようで、チン・ジョンを表現する時は何とかしてみようと思った」と話した。

劇中、検察界の異端児として知られる検事チン・ジョン役を演じた彼は、「髪も変え、衣装も華麗に着こなし、話し方や行動など、そのような部分を少し違う風に表現しようと多くの努力をした」と期待感を高めた。続けて「デビュー後、パーマも初めてしてみた」と付け加えている。

(写真=KBS)ド・ギョンス

なお『真剣勝負』は、富と権力が作った聖域、そしてその中に生きる悪の群れまであっさりと壊してしまう“不良検事”のアクション捜査劇。正法よりは便法を、定石よりは小細工を、誠実さよりは不誠実さを選んだ検事が、この社会を蝕んでいる不正・腐敗した権力者たちを処断しながら、もどかしい現実を少しでも忘れさせる痛快なドラマだ。本日(10月5日)21時50分より韓国で放送開始。

【写真】D.Oのカリスマ性あふれる眼差し

スホ、米スタンフォード大学でK-POPアイドルとしての“誇り”を伝える

EXOメンバーも…BLACKPINKジェニーの歴代“男たち”がスゴい

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集