『トランスフォーマー』女優ミーガン・フォックス、韓国映画出演へ「世界が知るべき歴史なので」

2019年08月21日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

『天気の子』醍醐虎汰朗・北村一輝ら、話題の韓国映画で「日本軍」を熱演

映画『トランスフォーマー』などで知られるハリウッド女優ミーガン・フォックスが、韓国映画『長沙里:忘れられた英雄たち』(原題)に出演する。

8月21日に行われた同作の製作報告会はミーガン・フォックスも出席、韓国映画に出演した感想などを語った。

最初に「アンニョンハセヨ」と韓国語で挨拶をした彼女は「これまで歴史をベースにした映画に出演したことがなかった」と話し、『長沙里』が歴史をベースにしている点や、監督を務めるクァク・ギョンテクの存在を出演の理由に挙げ、「私にとって挑戦であり、冒険だった」と語った。

9月25日に韓国で公開予定の『長沙里』は、朝鮮戦争の形勢を逆転させた「仁川上陸作戦」の陽動として実施された、「長沙上陸作戦」にフォーカスを当てた作品だ。

ミーガン・フォックスは劇中、朝鮮戦争(The Korean War)を全世界に知らせる従軍記者マギー役を務める。

マギーは、「ヘラルド・トリビューン」(現ニューヨーク・タイムズ)の従軍記者で女性初のピューリッツァー賞を受賞した、実在人物「マルグリート・ヒギンズ」をモデルにしているとのこと。

そんな歴史的人物を演じるにあたって「どの作品よりも真剣な気持ちで臨んだ」というミーガン・フォックスは、「この映画のストーリーは、韓国だけでなく、全世界が知るべき重要な歴史的事実だ」と強調した。

初めて経験する韓国映画の撮影現場についても語っている。

「韓国では撮影と同時に編集が行われた。あるシーンの撮影が終わって次のシーンを準備していたら、撮影分をその場で編集していた。他のどの現場でも見たことのない、革新的な方法だった」

韓国での活動可能性はないかという質問には「韓国映画が好きだ。最も好きな作品は『グエムル-漢江の怪物-』。これから韓国でもっと仕事をしてみたい」と答えた。

演技派俳優キム・ミョンミンが主演する『長沙里』には、ミーガン・フォックス以外にも海外ドラマ『CSI:科学捜査班』シリーズで知られるジョージ・イーズが特別出演するということで期待を集めている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集