SEVENTEENの最新サマーソング、『HIT』がもたらした“ある効果”とは?

2019年08月13日 K-POP #ボーイズグループ
このエントリーをはてなブックマークに追加

SEVENTEENが、9月16日にフルアルバムをリリースしてカムバックする。

本格的なカムバックに先立って、SEVENTEENは8月5日にデジタルシングル『HIT』をリリースしている。同曲は華麗なパフォーマンスが爆発的な反響を得たことはもちろん、世界30カ国のK-POPチャートで1位を席巻し、韓国にとどまらないグローバルな人気を証明した。

(関連記事:SEVENTEENドギョム(DK)、デビュー公演に大絶賛の嵐! ミュージカル界に新たなスター誕生か

それだけでなく、『米ビルボード』や『フォーブス』、イギリスの『NME』など、世界各地のメディアがSEVENTEENに興味津々な様子を見せ、彼らを集中的に取り上げる姿が度々見られた。

『HIT』を通じて今年の夏を熱く盛り上げたSEVENTEENだが、“カムバック間近”という同曲のリリース時期も大きな意味を持つという。さっそく彼らの華麗な活躍を『HIT』のキーワードと共に振り返ってみよう。

(写真提供=PLEDISエンターテインメント)

H:HOT

その言葉の通り、SEVENTEENは今夏の“HOT”を飾った。

SEVENTEENがパワフルなデジタルシングル『HIT』をリリースしたことは、K-POPファンにとってホットなニュースとなった。昨年の夏には『YOU MAKE MY DAY』で清涼感をアピールしたSEVENTEENであったが、今年は猛暑を一気に吹き飛ばすようなエネルギッシュな楽曲『HIT』を通じて、より洗練された新しい魅力を披露した。

一層成熟した美しさと歴代級のダンスパフォーマンスは一気に注目を集め、連日のように熱い反応を呼んだ。

I:IDENTITY

SEVENTEENの『HIT』が単にサマーシーズンを狙った曲であるかというと、そうではない。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事