EXOのD.O(ディオ)が兵役で担当する「調理兵」とは何か? 

このエントリーをはてなブックマークに追加

兵役に入っているEXOのD.O(ディオ)が、今後の軍務を「調理兵」として行うことで話題を集めている。はたして、この調理兵とは何なのか。

わかりやすくいえば、軍隊の中で食事を作る兵士のことだ。

とにかく、軍隊にとって食事は大事。体力を消耗する軍務の中で、食事面で不満があれば兵士の士気も落ちるし、戦闘能力も損なわれてしまう。それだけに、韓国の軍隊では兵士たちの食事の充実に力を入れている。

(関連記事:2PMチャンソンの新兵訓練修了式にはテギョンも参列!

各師団で食事を担当する調理兵。料理の腕前に自信のある人たちが志願し、合格すれば調理兵として軍務に就く。普通、新兵訓練は5週間だが、その後に調理兵としての3週間ほどの技術訓練を受けてから、実際に師団に配属されていく。

通常の兵士は6時起床になっているが、調理兵の場合は朝食の準備をする関係もあり、4時半ごろに起床する人が多い。その後、午前7時くらいから始まる朝食に合わせて準備を進めていく。

朝食が終われば今度は昼食の準備に入り、昼食が終われば夕食の準備に入る。調理兵は1日中食堂で忙しく働かなければならない。

このように、調理兵は忙しいので、他の兵士のように外での軍事訓練をする時間はほとんどない。

ただし、師団を挙げての大掛かりな野外訓練があるときには、調理兵も一緒に訓練地に赴いて、各兵士の食事を作ったりする。特に真冬の訓練のときに調理兵は、寒さに必死に耐えながら野外で食事の面倒を見なければならない。これは厳しい。

さらに、調理兵の場合は、大勢の食欲旺盛な兵士たちの食事を大量に作らなければならないので、かなりの重労働となる。なにしろ、巨大な鍋やフライパンの中の具材をかきまぜるのも一苦労なのだ。

それでも、調理兵には兵士たちの健康と体力向上に貢献しているという自負がある。しかも、美味しい料理を出せるように工夫している。

いずれにしても、非常に重要な役割を担っているのが調理兵だといえるだろう。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事