“表情演技”がバズったBilllie、華やかなウエスタンルックに挑戦!「Billlieは、やっぱりBilllieだ」

2022年05月13日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

大型新人アイドルBilllieの魅力がたっぷり盛り込まれたビジュアルが公開された。

【画像】Billieツキが「生まれつきアイドル」と称賛されているワケ

5月13日に公開された音楽専門誌『Rolling Stone KOREA』6月号は、華やかなビジュアルと多彩な魅力をもつBilllieとコラボした。

写真の中のBilllieは、今までの爽やかで可愛らしい姿とは違った姿で視線をとらえる。

(画像=『Rolling Stone KOREA』)

メンバーたちはウエスタンルックと多様なカラーのカウボーイハットで自由奔放な雰囲気を出すかと思えば、キッチュなスタイルの小物を活用し個性をアピールした。まるで漫画から飛び出してきたようなビジュアルに、ファンも驚いている様子だ。

撮影後に行われたインタビューでは、K-POPファンに中毒性をあえた2ndミニアルバムのリード曲『Ginga Minga Yo(the strange world)』活動時の感想も明らかにした。

『Ginga Minga Yo(the strange world)』のメンバー別の“推しカメラ”映像で、コロコロ変わる表情演技が話題になったツキは「活動前にメンバーと『いつものように、最善を尽くして頑張ろう』と言いながら一生懸命練習した。今回の活動を通じて、本当に多くの方々がBilllieの音楽とステージに関心を持ち、愛してくださって本当に幸せだ」と感想を伝えている。

(画像=『Rolling Stone KOREA』)

K-POPファンだけでなく大衆にとって、どんなアーティストとして記憶されたいかという質問にスヒョンは「『Billlieは、やっぱりBilllieだ』と記憶されたい。誰もBilllieの変わりにはなれず、明確な音楽を持っていると言われている気がするので『Billlieは、やっぱりBilllieだ』と思われたい」と答えた。

Billlieの華やかなでユニークな魅力が伝わる最新カットとインタビュー全文は、『Rolling Stone KOREA』6月号で確認することができる。

Billlieは2月にリリースした『Ginga Minga Yo(the strange world)』の活動で、国内外の音楽ファンから愛された。その後、各種コンテンツに出演し、Z世代を代表するK-POPアイドルとして人気を集めている。

【写真】Billlie、花柄ワンピースと薄メイクで男性ファンが急増

【写真】ツキ、“本場”のギャルピースをメンバーに披露

K-POP「新人」ガールズグループが熾烈な戦いへ…“過去最高レベル”

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集