CJ ENM、スタジオドラゴンが日本でドラマ制作会社設立へ、日本でも通用するコンテンツの制作も

2022年05月12日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

5月12日、韓国の大手エンターテインメント企業CJ ENMと、傘下のドラマ制作会社スタジオドラゴンは、NAVERウェブトゥーンの日本系列会社ラインデジタルフロンティアと提携し、日本で合弁会社の「スタジオドラゴンジャパン(仮)」を設立すると明らかにした。

【注目】スタジオドラゴン作品は?過去4年間で最も“面白かった”韓国ドラマランキング

3社が共同で300億ウォン(約30億円)を出資し、今年上半期中に設立する予定だという。

CJENMとスタジオドラゴンは、スタジオドラゴンジャパンにコンテンツの企画・開発、プロデュース・流通など、これまで積み上げてきたノウハウとラインデジタルフロンティアのオリジナルIPを掛け合わせ、トップクラスのコンテンツ供給拠点にする計画だ。また、日本のドラマ市場に革新をもたらすスタジオに成長させるという目標を掲げている。

(画像=CJ ENM)

日本のコンテンツ市場規模はアメリカ、中国に次ぐ世界3位で、2021年基準では約243兆5000億ウォン(約24兆円)に達する。このデータを基に、日本のデジタル漫画プラットフォーム大手のラインデジタルフロンティアと協力し、日本の漫画家たちを発掘・育成することで、日本文化とマッチしたオリジナルIPを拡張する予定だ。

また、日本は韓国コンテンツ人気が高いこともあり、日本でも通じるグローバル動画配信サービスのコンテンツ制作にも注力する計画だという。

スタジオドラゴンが韓国国内で見せてきた優れた企画力、製作力と、すでに認知度の高いラインデジタルフロンティアのオリジナルIP、NAVERウェブトゥーンの源泉IPを合わせることで、日本でも通用するコンテンツを短期間に製作することができるという説明している。

CJENMドラマ日本事業総括のカン・チョルグ氏は、「韓国と日本、両国の実力あるクリエイターが相互交流できる拠点であり、競争力のあるコンテンツのグローバル進出ゲートウェイの役割をするだろう。多様なグローバル動画配信サービスをはじめとする新しいチャンネルをターゲットに、プレミアムドラマを製作する計画だ」と伝えた。

残念な死亡事故で撮影が中断されていた韓国ドラマが慎重に再開…スタッフへの相談治療まで用意

『愛の不時着』のロケ地を徹底解説!劇中の北朝鮮シーンはどこで撮影されたのか

『梨泰院クラス』などウェブ漫画原作の韓ドラは視聴率が高い?“爆死”ドラマとの分かれ道とは

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集