もはやヘイトスピーチ? BTSに“問題発言連発”の オーストラリア放送局が炎上

2019年06月20日 話題 #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアの放送局が、BTSを侮辱した。

6月19日(現地時間)、オーストラリアのチャンネル9で放送された『20 to One』では、BTSに関する内容が報じられた。同番組はBTSについて「最高の人気を博しているグループ」と紹介した後に「一度も聞いたことがない。本当に大したことない」と非難した。

(関連記事:「韓国人男性はみな不細工」発言でギリシャの女性タレントに非難殺到。BTSを侮辱か

さらに男性MCは「キム・ジョンウンが男性アイドルを好きなら、南北問題も解決できなければ」「韓国で何かがブレイクしたと聞いて、北朝鮮の核かと思ったらBTSだった。爆弾が爆発するより大したことない」といった内容の言葉を放ち、朝鮮半島の南北関係と絡めてBTSを侮辱するような場面も見せた。

また、「アメリカのチャートで1位を獲得したくせに、英語を話せるメンバーが1人しかいない。歌とダンスが上手だそうだが、歌は完全にイマイチだ」としながらBTSのミスばかりを集めた編集映像を流す場面もあった。BTSの国連演説の快挙についても「国連で演説をしたそうだが、内容は多分ヘアスプレーに関するものだったのでは? 」と笑いながら意見したという。

実際の放送画面

それだけでなく、「BTSのファンは本当に強烈。“メンバーのなかにゲイはいるのか”とツイッターで聞いてみると、私を猛攻撃してきた。メンバー7人の中にゲイがいることは確実だ」と放ち、性的少数者への差別発言とともにBTSとARMY(BTSファンの愛称)に対する挑発的な姿勢を見せた。

当該の放送に対して、ARMYからの批判が殺到したことはいうまでもない。

放送局側は「BTSの人気を強調することが目的だった。傷ついた方々にお詫びする」と釈明したが、ファンの怒りが収まるはずはなかった。

ARMYは現在、当該の放送局と番組関係者に公式的な謝罪を求めるほか、SNSに謝罪関連のハッシュタグを掲載するなどして“BTSの侮辱被害”を拡散している状況だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集