ATEEZのシカゴ公演は大盛況のうちに終了、QRコード入りチラシを作る熱心な現地ファンも

2022年01月20日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーイズグループATEEZ(エイティーズ)が2022年ワールドツアー初の海外公演を行った。

【写真】ATEEZが出国!“オフ感”満載のリラックスファッション

1月18日(現地時間)、アメリカ・シカゴのウィントラスト・アリーナで開催されたATEEZの2022ワールドツアー『THE FELLOWSHIP:BEGINNING OF THEEND』シカゴ公演が盛大に行われた。

同日の公演は、2022ワールドツアーの幕開けを告げたソウル公演と同じく『WONDERLAND(Symphony No.9 “From The Wonderland”)』で幕を開けた。

『Pirate King(Overload Mix)』『Say My Name』『ROCKY』といった、ATEEZが直接ファンにプレゼントしたい楽曲で構成されたセットリストは、彼らの満ちあふれるエネルギーが充満し、会場を最高潮に盛り上げた。

熱心な現地ファン

(写真=KQ)

ATEEZはライブ中の約3時間、英語でコミュニケーションをとっていた。NBAのシカゴ・ブルズでも有名な都市だけに、バスケットボールのパフォーマンスも取り入れながらトークを続けた。これを受け、ファンは韓国語の歌詞を一緒に歌い、韓国語の垂れ幕を手にし、ペンライトを振ることで彼らに応えていた。

そしてATEEZは、「君がどこにいようが、君が誰であろうが、何になろうが、私たちはいつも君のそばにいるよ(No matter where you are, who you are and what you want to become, we will always be by you side)」と語り、ファンにさらなる出会いを約束した。

一方、現地のファン文化も別の見どころを提供した。ファンは独自にATEEZに関するQRコード入りのチラシを製作してシカゴのあちこちに貼り、早い時間からグッズを購入するために長い行列を作るなど、久しぶりの有観客コンサートへの胸の高鳴りを隠せなかった。

これに対し、ATEEZのシカゴ公演が行われている間、Twitterのワールドワイドトレンドには「#ATEEZinchicago」「#ATEEZWORLDTOUR2022」「#ATEEZChicago2022」などがランクイン。ネット上でも熱い人気を証明して見せた。

シカゴのファンを魅了したATEEZは今後、アトランタ、ニューアーク、ダラス、ロサンゼルスの4都市でライブを行い、存在感をさらに高める予定だ。

“ネクストBTS”は誰だ!ロールモデルにBTSを挙げる第4世代アイドル5選

“ステージ天才”ATEEZ、フランスではBTS並みの影響力?

感染拡大が止まらない韓国でK-POPアイドルらの年末コンサートにも苦言が

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集