MAMAMOOフィイン、今年の目標を明かす!音楽活動だけではなく「ファンと交流したい」【一問一答】

2022年01月18日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

MAMAMOOのフィインがソロカムバックについて感想を述べた。

【写真】MAMAMOOフィインの“赤いニーハイソックス”姿で圧倒

フィインは1月16日18時、2ndミニアルバム『WHEE』をリリースした。『WHEE』は、2021年4月にリリースした『RED』以来、9カ月ぶりとなる新譜だ。さらに、現在所属しているレーベルTHEL1VEに移籍して初めて出すアルバムでもある。

アルバム『WHEE』について、フィイン自ら紹介した。

(写真提供=THEL1VE)フィイン

以下、フィインとの一問一答。

—約9カ月ぶりとなる新譜『WHEE』でカムバックする感想は?

何より、ずっと待ってくれていたファンの方々に感謝している。多くの方に今回のアルバムが届いたら良いなという期待感と、久しぶりにステージに立つというトキメキでいっぱいだ。

—アルバムのタイトルは『WHEE』だが、今回のアルバムで伝えたかったことは?

今回のアルバムには、私の魅力の一部と良いアーティストになるための過程について表現されている。フィインという人がコツコツと努力する人なんだと伝えたい。

—今回のアルバムに収録された全6曲のなかで一番好きな曲と、その理由。

全部好きで選べないが、1つ選ぶとしたら『Pastel』。私ならではの感性とセクシーな歌声が調和しているし、洗練されたポップな感じが私の好み。

—リード曲『Make Me Happy』は、どんな曲ですか?

中毒性あふれるフックがずっと漂い、(原題の)”奥深い”という表現がとても似合う曲。特に導入部分のピアノの演奏が、曲の雰囲気をさらに良いものにしていると思う。

—リード曲は、THEL1VEの代表を務めるVIXXのRAVI(ラビ)が作詞作曲した曲だが、制作過程でのエピソードなどはあるか。

個人的には最初から息が合うと思った。ラビ代表が、気持ちを楽にしてくれる方なので楽しく作業することができた。リード曲は、私が良く使う“奥深い”という表現からアイデアを受けた。代表もとても気に入ってくださった。

—収録曲『Letter Filled With Light』の作詞に参加したそうだが、作詞の時に重要視することは?

経験したことに想像力が加わると豊かな表現になるので、経験と想像を大切にしている。それでも一番重要な点は、曲の雰囲気と合わせなければならない。

—初のソロアルバムから今回のアルバムまで、さまざまなジャンルを披露しているが、これから挑戦してみたいジャンルは?

同じジャンルでも、曲の雰囲気によって違うスタイルで聞こえるので、今までこなしてきたジャンルも挑戦するつもりだ。でも、バンドサウンドやジャズにも挑戦してみたい。少しずつお見せするつもりだ。

—今回のアルバムに関する活動計画や目標はあるか。

今年1年は音楽活動だけではなく、ファンの方々と交流したい。一生懸命やってみる。

—カムバックを待ってくださったファンの皆さんに一言。

MOOMOO(MAMAMOOのファンネーム)の皆さん、本当に感謝してます。今よりもっと信じられる歌手になる。私はこれからも歌手でいるつもりだし、皆さんのそばにいる。愛してる。ありがとうございます!

MAMAMOOフィインの新曲『water color』MVティーザー映像公開…不思議な世界観に注目【PHOTO】

2021年版「世界で最も美しい顔100人」韓国芸能界の美女を一挙紹介!! 1位はあのK-POPアイドル【PHOTO】

バキバキに割れた腹筋!MAMAMOOソラのインスタに投稿された“ヘソ出しルック”が話題に【PHOTO】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集