俳優パク・ヒョンシク、“親友”BTSのVとのエピソード明かす「泊まっていけと言われ…」【インタビュー前編】

2019年05月15日 話題 #写真 #BTS #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年にK-POPグループZE:Aのメンバーとして芸能界デビューを飾ったパク・ヒョンシク。

アイドル活動のかたわら、軍隊体験バラエティ番組では純粋で情熱的な姿で人気を集め、その後はドラマ『相続者たち』『花郎(ファラン)』『SUITS』などで安定した演技を披露し、俳優としての立場を確立した。

6月10日に入隊を予定しており、入隊前の最後の作品となる映画『陪審員たち』(原題)が5月15日に公開。映画のプロモーションなどで入隊直前まで多忙な日々を過ごすこととなった。

(関連記事:人気俳優パク・ヒョンシクも入隊する首都防衛司令部とは何か

インタビュー中にはずっとポジティブな姿勢で明るく振る舞ったパク・ヒョンシクは、「すべてが美しく、良いという性格の母の影響もある程度受けたようだ。友だちから「タ ジョア(다 좋아:すべて良し)」と呼ばれる」という。

「タジョア」というあだ名を付けてくれたのは、芸能界で仲良しと知られるBTSのV、俳優パク・ソジュンら。

「みんなでVの家に集まったことがある。Vは久々に集まった僕たちと一緒にいたかったようで、泊まっていけと言ってくれた。でもベッドや部屋の限界があるからみんなためらう中、僕だけが“いいね~”と言ったのでその後“タジョア”と呼ばれることになった」

「あの日はみんなで楽しく遊んだ」と語るパク・ヒョンシクは、「(泊まっていけと言った)Vの気持ちがよくわかったし、その気持ちが可愛かった。僕が入隊して初めて休暇をもらったら、また集まる」と、友情をアピールした。

(写真=パク・ヒョンシクInstagram)左からパク・ヒョンシク、パク・ソジュン、BTSのV

アイドル出身だが、演技が下手と非難されたことはない。その秘訣を尋ねるとこう答えた。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事