人気俳優パク・ヒョンシクも入隊する首都防衛司令部とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

兵役の際には、新兵訓練を終えたあとに不特定の師団に配属されるケースと、自ら特定の部隊に志願して入るケースがある。

後者の場合は志願者が定員を上回れば選抜テストに合格する必要がある。

人気俳優のパク・ヒョンシクは首都防衛司令部に志願していたのだが、彼は念願どおりに合格し、6月10日に入隊することになった。

この首都防衛司令部はどんな役割を持っているのだろうか。

なんといっても、首都防衛司令部は韓国の心臓部となるソウル市を特別に防衛するための特別部隊である。

(注目記事:“韓国のキムタク”韓流四天王のウォンビンの近況キャッチ!!「まったく老けていない!!」の声

1950年に勃発した朝鮮戦争では、北朝鮮軍の攻撃によってソウル市は開戦後すぐに陥落している。このようにソウル市は軍事境界線からあまりに近いために、防衛上は不利な首都なのだ。

それだけに首都の防衛は韓国軍にとって特に重要な任務であり、首都防衛司令部は陸軍本部の直轄であり、大統領の直接的な命令によって有事にソウルを死守する役目を負っている。

首都防衛司令部には数多くの部隊があるが、その中の1つが憲兵団だ。訓練がとても厳しいことで知られているが、首都防衛の最前線を担う部隊として一目置かれている。パク・ヒョンシクは自ら望んでこの部隊に入ることになった。

今後の彼は、憲兵団としての新兵訓練を受けた後、ソウルの防衛のために現場で軍務に就いていく。

パク・ヒョンシクが除隊する日は?

気になる除隊日を見てみよう。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事