AOAミナ、グループ脱退へ。メンバー5人の“新体制”に注目集まる

2019年05月13日 K-POP #ガールズアイドル
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPガールズグループAOAが、5人体制での再スタートを決めた。

所属事務所FNCエンターテインメントは5月13日、AOAのメンバー6人中ジミン、ユナ、ヘジョン、ソリョン、チャンミと再契約を交わしたと明かした。

(関連記事:AOAソリョン、高額寄付者の仲間入りへ「寄付総額1000万円」

同事務所は「AOAはファンの皆様が応援してくれたおかげで、5人が一丸となってグループ活動の継続、当社との再契約を決めた。信頼関係の元でAOAと共に過ごしてきたFNCエンターテインメントは、5人が活発な活動を続けるために、全面的にサポートする」とし、グループの今後に対する期待感を高めた。

その一方で、5人のメンバーと7年間活動を共にしてきたミナは、メンバーや事務所と話し合ったうえで新たな夢に乗り出す別の道を選んだ。

(写真提供=FNCエンターテインメント)

AOA は、2012年にデビューした。当初はバンド、そしてダンスグループの両面で活動できるK-POPアイドルとして話題を集めたが、その後ダンスパフォーマンス中心のグループに落ち着いた。

5thシングル『Miniskirt』で初の音楽チャート1位を獲得したAOAは、その後『Short Hair』『Like a Cat』『HeartAttack』といったヒット曲をリリースし、実力と話題性を兼ねそなえたアイドルグループに成長した。

特に、昨年リリースした『Bingle Bangle』は韓国の主要音源チャートだけでなく、世界13カ国のiTunesアルバムチャートを席巻した。AOAは1年5カ月というブランク期間を経たにも関わらず、その実力と話題性をもってカムバックを輝かしいものにした。

デビュー当初は8人組であったAOA。バンドステージでドラムを担当したユギョン、そしてメインボーカルを担当したチョアの脱退に続き、今回ミナの脱退によって5人組となった。

ある関係者は、AOAの今後に対してこう話している。

「(AOA)は再契約を目前にしたガールズグループの中では、再契約率が高いほうだ。今回はメンバーが一人脱退することとなったが、残りのメンバーも“デビューから7年”という期間を共にした5人であるだけに、よりグループのチームワークが深まることが期待される」

新体制ではユナがメインボーカルを務めるほか、ソリョンとヘジョンがボーカルパートを担当し、ジミンとチャンミンがラップパートを担当する。

5人組となったAOAの新たな活躍には、早くも関心が集まっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事