脚本家クビ切り疑惑などパワハラ騒動で注目された韓国ドラマが放送を延期「話題性と競争力ある」

2021年11月28日 テレビ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国IHQのドラマ『スポンサー』(原題)が放送を延期した。来年2月の放送を目指し、総合編成チャンネルMBNと同時編成を協議している。

【注目】出番が少ないから『スポンサー』の脚本家を解雇に?主演俳優に疑惑

IHQ側は11月26日、「来る11月29日に放送予定だった『スポンサー』は、話題性と競争力を認められてMBNと同時間帯編成をすることで協議しており、放送時期は来年2月の編成を議論中」と明らかにした。

続いて「チャンネルIHQとMBNは視聴者層が互いに異なり、より多くの視聴者に良い作品に触れてもらう機会になるだろう」と付け加えた。

『スポンサー』は、欲しいものを得るためには手段と方法を選ばず、自分のスポンサーを直接見つけようとする4人の男女のロマンス。ハン・チェヨン、イ・ジフン、チ・イス、ク・ジャソンらが出演する。撮影は仕上げの段階に入り、しっかりとしたストーリーとアップグレードされた映像美を披露する予定だ。

なお『スポンサー』は、主演俳優イ・ジフンに突然のパワハラ疑惑が浮上するなど、ドラマの内容とは違う部分で大きな話題になったことがある。

態度や言動でファンを失望させた韓国スターTOP3は?“パワハラアイドル”や元カレ操縦女優など

「私が引退した理由は既婚俳優からの肉体関係の要求」韓国女優の衝撃暴露で“魔女狩り”続く

時代劇『月が浮かぶ川』の代役で脚光!俳優ナ・インウが再撮影の裏話をテレビで披露

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集