ショヌが兵役中でいなくても…MONSTA Xが新アルバム『No Limit』で見せたい“限界のない歩み”

2021年11月21日 K-POP #ボーイズグループ
このエントリーをはてなブックマークに追加

MONSTA Xがさらに一段階飛躍したアルバム『No Limit』で帰ってきた。

【写真】ビジュアル強すぎ!MONSTA Xのコンセプトフォト

11月19日、MONSTA Xはミニアルバム『No Limit』リリース記念オンライン記者懇談会を開催した。

『No Limit』はどんな状況でも“限界のない”可能性とともに、無限の競争時代にさらに輝くMONSTA Xのアイデンティティと盛り込んだアルバムだ。

今作はショヌが兵役のため入隊中のこともあり、メンバー5人で作り上げたアルバムでもある。ジュホンがプロデュースしたタイトル曲『Rush Hour』を皮切りに、MONBEBE(MONSTA Xのファンネーム)に向けた速度制限のない愛を込めた『Autobahn』など、計7曲が収録されている。

「MONSTA Xのアイデンティティが込められた曲」

前回のアルバムに続き今作でもプロデュースを手掛けたジュホンは、次のように心境を述べた。

「とても気分が良いです。『GAMBLER』を多くの方が好んでくださったので、今回再びタイトル曲の作業をできたと思います。音楽を作る者として進むべき道はまだまだ遠いと思っていますが、これまでやってきた音楽を認められたような気がしました。良いフィードバックもたくさんいただいています」

「MONSTA Xのアイデンティティは常に覇気や自信などを見せようという思いにありますが、今回の『Rush Hour』はまさにそのようなアイデンティティが込められていると思います」

メンバーはリーダーのショヌの空白についても言及した。ミニョクは「空白を感じざるを得ません。それは最初に挨拶するときから感じます。今は一時的に僕がやっていますが、これも自分のものではないように感じています。早く本来やるべき人が戻ってきてほしいです」とし、「ショヌヒョン(兄さん)と良いステージを披露できる日が早く来てほしいです」と述べた。キヒョンも、「ステージや録音で空白を埋めるために努力しています」と付け加えた。

(写真=STARSHIPエンターテインメント)

MONSTA Xのメンバーはこれまで多彩に個人活動を展開してきたが、今回再びグループで合流することになった。

I.Mは「深夜ラジオもやってドキュメンタリー番組も撮りました」とし、ミニョクは「メンバー全員が頑張っています。なかには広告モデルを務めているメンバーもいます。僕もこれまでNAVER NOW.でホストを務めていましたが、これからはグループ活動に集中しようとしています」と語った。

カムバックを果たした心境はどうだろうか。I.Mが「アルバムを毎年出していたらもう10枚目になりました。いつの間にか10枚もミニアルバムを出すようなアーティストになったんだなと思うと胸がいっぱいになります」と明かすと、キヒョンは「アルバム名のように、限界はないが自分たちだけの色があるアルバムが生まれた」と満足感を示した。

ミニョクは「年次が過ぎれば過ぎるほど、さらに余裕のある曲が生まれますが、もう一度タイトル曲に力を入れて、“今もずっと強いんだな”というような感覚を届けるのがポイントです。7曲すべての存在感に期待してほしいです」と述べた。

また、I.Mは「僕たちのアルバムはメンバーの参加度が高いということも特別です。さまざまなカラーが込められていて、コンセプトからすべてメンバーが関わって作り上げただけに、僕たちの愛情がたっぷり込められたアルバムになっています」と伝えた。

さらに、ミニョクは「ロケーションで撮影しました。砂漠で撮ったのですが、家に帰って化粧を落としたら砂も一緒に落ちました(笑)。肌色じゃなくて黄土色になっていました」とエピソードを公開。ジュホンはポイントダンスに「ヤンコチ(羊肉の串焼き)ダンス」を挙げ、「(兵役中の)ショヌヒョンとともにするソウル」と説明し、お手本も披露した。

(写真=STARSHIPエンターテインメント)

この日公開された『Rush Hour』のステージでは、MONSTA Xの強烈なカリスマと刀群舞(カルグンム、すべてが揃ったダンスを指す)、中毒性あふれるメロディが見る者を虜にした。特に今回のアルバムはメンバーの参加度が高く、さまざまなジャンルと魅力的な楽曲を一度に楽しむことができる。

メンバーたちの満足度も高いようだ。I.Mは「今回のアルバムは“エクステンション”と表現したいです。アーチェリーの用語なのですが、10枚目のアルバムと言うこともあってなおさらそう思います」とほほ笑むと、ミニョクは「“山盛りのご飯”です。アルバムというお茶碗にいっぱい詰まっているような心強いアルバムです」と自信を示した。

I.Mは最後に「まさにMONSTA Xは“No Limit”です。今回は新しいアルバムを出して映画も撮りました。12月には米国アルバム発売、北米ツアーも控えています。それこそ、限界のない歩みを見せています」と力強く語り、ファンの期待を高めた。

【関連】MONSTA X、6周年を全世界のファンと祝福!ケーキを前に「お誕生日おめでとう」

【関連】兵役中のショヌもサプライズ登場!MONSTA Xがファンにメッセージ

【写真】MONSTA X、コンセプトフォトで見せた“洗練された上品さ”

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集