視聴率35%超え!イ・ミンジョン主演の話題作『一度行ってきました』2022年2月よりDVD発売&レンタル開始!

2021年11月19日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国で2020年3月より放送され、視聴率35%超えを記録した話題のドラマ『一度行ってきました』が、2022年2月4日より日本でDVD発売&レンタルを開始する。

【写真】イ・ビョンホンの妻で女優のイ・ミンジョン、美麗自撮りにクラクラ

本作は、『愛の不時着』『梨泰院クラス』などの人気作を抑えて、2020年視聴率No.1記録。その年のKBS演技大賞では、時に厳しく、時に優しく家族を支える父親役を演じたチョン・ホジンが見事、大賞を受賞した。他にも、最優秀賞と優秀賞には主演のイ・ミンジョンとイ・サンヨプが、新人ながらも多くの視聴者に愛されたカップル、イ・チョヒ&イ・サンイがカップル賞を受賞するなど、計18冠に輝いた話題作である。

ヒロインには、『ずる賢いバツイチの恋』『帰ってきて ダーリン!』などで“ラブコメクイーン”と謳われる人気女優イ・ミンジョン。本作では、頭脳明晰ながらも、歯に衣着せぬ物言いで一匹狼的な存在のヒロイン、ナヒを演じる。

ラブコメを得意とする彼女の時にクスりとさせる演技で、「離婚」というテーマが持つシリアスさをやわらげ、胸キュンのラブストーリーに仕上がった。

KBS Media Ltd. (c) 2020 KBS. All rights reserved

ナヒの夫、ギュジンを演じるのは、日本で一大ブームとなった『昼顔~平日午後 3 時の恋人たち~』の韓国リメイク版『平日午後3時の恋人たち』でのこみ上げる気持ちを目で熱く語る演技が絶賛されたイ・サンヨプ。

勢いで離婚に同意してしまったものの、その後もナヒを一途に思い続ける姿にトキメキが止まらない!離婚後も何かとお互いが気になる2人の、なかなか縮まらない距離感が最高にムズキュンする。

主役のナヒ(演者イ・ミンジョン)×ギュジン(演者イ・サンヨプ)のカップルだけでなく、それぞれの兄弟姉妹の胸キュンラブストリーからも目が離せない!

長女のガヒ(演者オ・ユナ)とロマンスを繰り広げるのは、大ヒットドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』の脚本家キム・ウンスクの最新作『あなたの運命を書いています』の主演に抜擢され、人気急上昇中のキ・ドフン。

ソン家のチキン店でアルバイトとして働くヒョシン(演者キ・ドフン)は、息子と共に実家に戻ってきたガヒに、密かに思いを寄せるようになる。ぶっきらぼうで無口なヒョシンが、自分の気持ちに素直になったときのギャップに、ハートをわしづかみされること間違いなし!

KBS Media Ltd. (c) 2020 KBS. All rights reserved

また、本作で“親戚カップル”として視聴者から愛されたのが、ナヒの妹で末っ子のダヒとギュジンの弟ジェソク。

姉ナヒと兄ギュジンが離婚してしまい、なかなか一歩を踏み出せなかったり、家族にバレないようにビクビクしながら愛を育む姿が何ともかわいらしい。他にもツンデレな長男カップルや、妄想女子カップルなど、胸キュンのシチュエーションが満載!

本作の脚本を手掛けるのは、『ナイショの恋していいですか!?』『ああ、私の幽霊さま』『恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~』など、数々のヒットドラマを生み出してきたヤン・ヒスン。

巧みなストーリー展開で、胸キュンの恋愛要素はもちろんのこと、友情、家族愛、兄弟愛など、キャラクターたちの心情を丁寧に描いた温かい物語に、 毎話胸が熱くなる。

【写真】イ・ビョンホンの女優妻が反則級の美貌!

【写真】イ・ミンジョンの美脚っぷりがすごい

【写真】イ・ミンジョン、スタイル抜群な全身ショット披露

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集