ドラマ『ロス:タイム:ライフ』が韓国でリメイク制作。AOAのミナが主演に抜擢

2018年10月10日 テレビ #リメイク
このエントリーをはてなブックマークに追加
K-POPガールズグループAOAのミナが、ドラマ『ロス:タイム:ライフ』韓国リメイク版の主演に抜擢された。

同作は、死の直前に約30時間のロスタイムを与えられた主人公が、愛と人生の意味を探していく物語。

2008年日本フジテレビ系で放送されたドラマ『ロス:タイム:ライフ』のリメイクとして、風変わりな青春ラブストーリーを描くという。

ミナは劇中、清純で愛らしく、時には干物女である21世紀型教師・ソジン役を務める。
(写真提供=FNC ENTERTAINMENT)
ミナの相手役には、オーディション番組『スーパースターK』出身のMYTEENソン・ユビンが決定。2人の逆年の差カップル演技にも期待が集まっている。

アイドル活動のかたわら、これまでドラマ『推理の女王2』『病院船』『お願い、ママ』『モダン・ファーマー』などで演技力を磨いてきたミナ。

このほどソウル市が制作するウェブドラマ『風景』の主演に抜擢されるなど、女優としての活動も目覚ましい。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事