「最強の没入感」SEVENTEENジョシュア&バーノン、ユニット曲『2 MINUS 1』で圧巻の歌唱力披露

2021年11月11日 K-POP #SEVENTEEN
このエントリーをはてなブックマークに追加

SEVENTEENのメンバー、ジョシュアとバーノンが甘美なライブパフォーマンスを披露した。

【写真】ジョシュア、ファッション誌で魅せた大人びた魅力

ジョシュアとバーノンは11月10日(現地時間)、米音楽専門メディア『Genius』の「Open Mic」に出演。

去る10月22日にリリースした9thミニアルバム『Attacca』の収録曲でジョシュアとバーノンのユニット曲であり、グループ初の英語曲『2 MINUS 1』のライブパフォーマンスを初披露した。

SEVENTEENの「Open Mic」出演は、8thミニアルバム『Your Choice』の収録曲『Ready to love』を披露した今年7月以来2度目だ。

『Genius』が公開した映像のなかで、ジョシュアとバーノンはソウルの全景が一望できるルーフトップを背景に姿を現す。

2人はその完璧なビジュアルで見る者の目を一気に虜にすると、ジョシュアの感性的なボイス、バーノンの打撃感ある歌声が調和を成し、圧巻のライブパフォーマンスで最強の没入感をもたらした。

(写真=Pledisエンターテイメント)

『2 MINUS 1』はポッブバンクジャンルの曲で、ビンテージなどラムサウンドと強烈なギターサウンドが、脳裏から消えない“君”という存在に対する混乱した感情を極限まで表現。別れの傷と悲しい感情を明るいメロディで相反するなど、淡々としたふりをする男性の姿をウィットに表現した。

同曲が収録された9thミニアルバム『Attacca』は、米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で13位にチャートインすると、同チャートで2週連続チャートインする快挙を成し遂げた。

また、来る12月8日には2021年のプロジェクト「Power of “Love”」の最後を飾る日本スペシャルシングル『あいのちから』をリリースする。

リリースに先立ち、11月18日にはオンラインで生中継される『SEVENTEEN CONCERT “POWER OF LOVE”』ジャパンエディションで新曲ステージを先行公開する予定だ。

【写真】SEVENTEENのシックな“全身黒衣装”

【写真】SEVENTEENエスクプスの“デート風ショット”

【写真】SEVENTEENドギョム、「好きにならずはいられない」“愛犬ショット”

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集