「芸能人パク・ユチョンの命運が決まる…」すべては“鑑定結果”にかかっている

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回で、もう3回目だ。

パク・ユチョンが麻薬使用の疑いで4月22日、警察に出頭した。パク・ユチョンは同日午前10時30分頃、京畿南部地方警察庁に到着し、麻薬捜査隊に出向いた。

【注目】「V.Iから関心をそらすため?」JYJユチョンにだけ“速戦即決”で進む警察の捜査

元恋人ファン・ハナの証言が続くなかで、すべての容疑を否認しているパク・ユチョンは、「容疑を否認するのか」「ファン・ハナと(麻薬)使用したのか」などの取材陣の質問に答えなかった。

警察の調査でパク・ユチョンは、「麻薬をやっていない」と重ねて強調している。しかしパク・ユチョンとは異なる趣旨を明かすファン・ハナの主張も、終始一貫している。

この日の調査は、前2回の調査でパク・ユチョンが疲れを訴えたことで、計画した調査を終えられなかったために行われたと伝えられた。パク・ユチョンとファン・ハナの対質調査も今週中に行われると予想されており、パク・ユチョンに対する警察の調査はしばらく続くと思われる。

パク・ユチョンはファン・ハナとの熱愛を認めた当時、「この人だけを見て生きる」と芸能活動よりもファン・ハナを先に考えた。ファン・ハナもまた、SNSを通じて多くの愛情を表していた。そんな2人がお互いに向けている非難は、いつ終わるだろうか。

何よりも最初に明かすべきことは、一緒に麻薬を使ったのかどうかという部分だ。

パク・ユチョン

先立って警察は、今年初めにソウルのとあるATMから薬物販売店のものと疑われる口座にパク・ユチョンが数十万ウォン(数万円)を入金する過程と、その後に特定の場所で薬物と推定されるものを見つけるシーンが込められた監視カメラ映像を確保したと発表した。

しかしパク・ユチョンは、「ファン・ハナに頼まれてお金を入金した」と明らかにしている。

はたして誰の言葉が真実なのか。そんな疑問に関心が高まるなかで、早ければ今週、国立科学捜査研究院に精密鑑定を依頼したパク・ユチョンの毛髪などの鑑定結果が出てくる。警察は、その鑑定結果に基づいて、パク・ユチョンの身柄をどうするのかを決める方針だ。

先に行われた薬物簡易検査ではパク・ユチョンから薬物反応は出ておらず、今回の鑑定結果によって、事態が大きく動く可能性がある。

「人々が感じる失望と疲労があまりに大きい」

真実が明らかになるためにはもう少し時間が必要というわけだが、パク・ユチョンに対する大衆の失望はあまりにも大きい。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事