ネット上で“死亡説”が出回った韓国女優、デマ拡散のネット民を告訴

2021年09月23日 話題 #女優 #炎上 #トラブル
このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインコミュニティを通じて「死亡説」が出回った女優ソ・イスクが、デマを提議・拡散したネット民たちを告訴した。

9月23日、ソ・イスクがソウル麻浦(マポ)警察署を通じて告訴状を提出したことが、韓国メディア『OSEN』の取材結果で確認された。

これに先立ち、ソ・イスクの所属事務所は9月20日、死亡説について「今年だけで2度目だ。最初は事実ではないので流したが、今回はずっとフェイクニュースが出てくることを防ぐために祝日が終わり次第、告訴を行う予定だ」と説明していた。

【注目】「私が引退した理由は既婚俳優からの肉体関係の要求」韓国女優の衝撃暴露

オンライン上のコミュニティで拡散されたデマは「俳優ソ・イスク、心臓麻痺で死去。ネットユーザー哀悼」というタイトルの書き込みで、まるで実際の記事であるかのように掲載されていた。

ソ・イスク

今年になって7月と9月、2度もソ・イスクの死亡説が提起されたため、所属事務所側は「予防のためにこのまま見過ごすわけにはいかない」という立場のようだ。

別名「ソ・イスク死亡説」にどのように結論が出るか注目される。

(記事提供=OSEN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集