映画『ボス・ベイビー2』が韓国で週末の興行収入1位を記録!MARVEL作品を超える人気の予感

2021年07月26日 映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』(以下、ボス・ベイビー2)が、韓国で公開1週目の累計観客数35万6025人を動員し、週末の興行収入1位になった。

【画像】『鬼滅の刃』をパクりすぎ?韓国ゲームが大炎上

週末の口コミで250万人を突破したMARVELの最新作『ブラック・ウィドウ』を抜き、興行収入トップを奪還したのだ。

これとともに、『ボス・ベイビー2』は韓国で2021年最高の興行収入を記録した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開1週目に動員した20万6309人を軽く突破。ディズニー映画『ラーヤと龍の王国』の最終観客数32万1688人をも上回った。

公開初週の観客たちの口コミもやはり熱い。CGVゴールデンエッグ指数95%、NAVER実観覧客評価9.70点を記録するなど、観客から好評を得ている。猛暑と新型コロナウイルス感染症で疲れた観客に、前向きなエネルギーと幸せな感動を与えている。

(写真=ユニバーサル・ピクチャーズ)

『ボス・ベイビー2』は、かつてボス・ベイビーだったテッドが本物のボスとなり、甥とばかり思っていた新たなボス・ベイビーで中身は女スパイのティナの指示で、再びボス・ベイビーに戻るというストーリーを描いたファミリーアドベンチャーだ。

日本では今年の冬頃から上映される予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集