Wanna One出身のパク・ジフン、8月にカムバック決定!9ヵ月ぶりの新曲にファン歓喜

2021年07月22日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

Wanna One出身パク・ジフンが8月にカムバックする。

【注目】Wanna Oneの元メンバーが活躍している理由

パク・ジフンの所属事務所は7月22日、「パク・ジフンが8月の初めに新しいミニアルバムをリリースする」と発表した。

今回のアルバムは昨年11月にリリースした初のフルアルバム『MESSAGE』以来9ヵ月ぶりに披露する4枚目のミニアルバムということもあり、関心が高まっている。

2019年にミニアルバム『O'CLOCK』をリリースしソロ歌手として活躍を続けているパク・ジフンは2ndミニアルバム『360』、3rdミニアルバム『The W』、フルアルバム『MESSAGE』を通じて豊かな歌唱力と魅力的なパフォーマンスを披露し、多くの人々から愛されてきた。

最近はドラマ『遠くから見れば青い春』にも出演し俳優としてのキャリアも着々と重ねているパク・ジフン。8月のカムバックではどのような顔を見せてくれるのか高い注目を集めている。

(写真=MAROO企画)

◇パク・ジフン プロフィール

1999年5月29日生まれ。韓国・馬山(マサン)出身。2017年に韓国Mnetのオーディション番組『PRODUCE 101』シーズン2に出演し、Wanna Oneのメンバーとしてデビュー。2019年のWanna One解散後、1stミニアルバム『O'CLOCK』でソロデビューを果たした。歌手の傍ら俳優業にも力を注ぎ、2019年にはJTBCドラマ『コッパダン:朝鮮婚談工作所』に出演した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集