解散寸前から大逆転のBrave Girls、“元メンバー”が最近の大ブレイクに言及…脱退理由も明かす

2021年05月05日 話題 #ガールズアイドル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Brave Girls(ブレイブガールズ)出身のハユンが、グループを脱退することになった理由を明らかにした。

【注目】Brave Girlsが“大逆転”のブレイクに胸中激白

ハユンは5月4日、自身のインスタグラムを更新。

「Brave Girls脱退について話そうと思う」と切り出すと、「以前から甲状腺機能亢進症というホルモンの病気を患っていたが、活動中に悪化して会社と相談した結果、活動が難しいという結論が出た」と説明した。

続けて、「残念だが私はグループを脱退することになった」とし、「まだ亢進症を患っているが、今は回復している状態」と伝えた。

Brave Girlsで活動していた当時のハユン

ハユンは「『Rollin'』は(メンバーと)苦楽をともにしながら活動した曲なので愛情が格別だったが、こうして日の目を見ることができて本当に気分が良い。健康上の理由で参加できなくなったが、これからは先輩たちの活動を心から応援する」とし、「私ハユンも個人的に活動をつづけながら、多様な姿をお見せしたい」と付け加えた。

ハユンは2016年にBrave Girlsに新たな“末っ子”として加入し、活動を続けていたが、2018年に脱退した。

そして最近、Brave Girls大ブレイクのきっかけとなった『Rollin'』のリリース当時に活動していた元メンバーとして、ファンからの関心を集めていた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集