映画『ミナリ』が「ゴールデングローブ賞」外国語映画賞の快挙!世界の映画祭で75冠達成

2021年03月01日 映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

アカデミー賞最有力作の映画『ミナリ』が、2月28日(現地時間)に行われた「第78回ゴールデングローブ賞」で最優秀外国語映画賞を受賞した。

【関連】『ミナリ』の監督、「韓国の反応が最も気になる」

最優秀外国語映画賞部門にノミネートされた『ミナリ』は、『アナザー・ラウンド』(デンマーク)、『ラ・ロローナ』(フランス・グアテマラ合作)、『ライフ・アヘッド』(イタリア)、『トゥ・オブ・アース』(米仏合作)などと競合した末に受賞に輝いた。

『ミナリ』は、1980年代に希望を求めて“見知らぬ地”アメリカに渡った韓国人家族の特別なストーリーを描いた映画。韓国系アメリカ人のリー・アイザック・チョン(韓国名チョン・イサク)監督が演出と脚本を手がけ、韓国女優ハン・イェリとユン・ヨジョンが出演している。

ハリウッドでは早くも作品性と可能性を認められ、「第36回サンダンス映画祭」を皮切りに各国の映画祭を席巻。今回のゴールデングローブ賞を含めて75冠だ。ゴールデングローブ賞はアカデミー賞の前哨戦と言われるだけに、アカデミー賞での受賞の可否にも関心が集まっている。

映画『ミナリ』は、日本で3月19日に公開予定。

映画『ミナリ』韓国版メインポスター

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集