JYJ出身パク・ユチョン、自主長編映画の主人公役に決定。7年ぶりにスクリーン復帰へ

2021年02月18日 話題 #パク・ユチョン
このエントリーをはてなブックマークに追加

JYJ出身のパク・ユチョンが、自主映画『悪に捧げ』(原題)でスクリーン復帰することがわかった。

【関連】パク・ユチョンがYouTubeチャンネルを開設

韓国の多数のメディアは2月17日、パク・ユチョンが自主長編映画『悪に捧げ』の主人公役として出演を決定し、来る22日にクランクインを迎えると報じた。

パク・ユチョンにとっては2014年に公開された『海にかかる霧』以来7年ぶりの映画主演となる。2017年の映画『ルシッドドリーム』では出番の少ない助演だった。

パク・ユチョンは2019年4月、元恋人ファン・ハナと麻薬を使用した容疑で懲役10カ月、執行猶予2年の判決を受けた。当初は疑惑を否認し、引退発言をした記者会見では涙まで流していたが、事実が明らかになると一転、引退を撤回して芸能活動を続けている。

昨年11月にはソロアルバム『RE:mind』を発表し、今年1月にはYouTubeチャンネル「Recielo」を開設した。

(写真=パク・ユチョンInstagram)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集