「胸も作り物」などと飲食店スタッフが韓国女性ユーチューバーにセクハラして物議…謝罪文を発表

2021年01月24日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店で生配信をしていた女性ユーチューバーが飲食店スタッフからセクハラを受けた動画が話題になるなか、飲食店側が謝罪文を公開した。

【画像】生放送中の美女を盗撮した男の末路

飲食店の関係者は1月21日、公式ブログを通じて「一歩遅れて今回の出来事について話を聞き、当惑と驚きを覚えてどうすればいいかわからず、恥ずかしながら謝罪の文章を上げる」とし、「数日前の朝、ユーチューバーがトイレに行った間にホールスタッフのイと厨房のイによる不快な言動がそのまま放送され、ユーチューバーの方に許されない侮辱と心の傷を与えたことについて、頭を下げて謝罪申し上げる」と謝罪した。

また「その放送を見たフォロワーたちにも怒りと失望感を与えたことを重ねて謝りたい。この事実を聞き、怒っている多くのお客様にも重ねて許しをこいたい」とし、「このすべては徹底的に教育して管理しなかった私の不覚が一番大きい。機会をいただけるのであれば、今日の叱責を甘んじて受け入れ、良い料理と礼儀正しく親切な言動を備え、それぞれの職務を忠実に果たしたい」と反省した。

最後に飲食店関係者は、「本日を新たに生まれ変わる機会にしてもらえることを懇願します」と締めくくった。

(画像=カムドンランYouTubeチャンネル)

先立ってユーチューバーのカムドンランは、釜山(プサン)の飲食店を訪れ、ご当地料理を食べる生配信を行った。彼女は追加した料理が来る間にトイレに行くために少し席を離れたのだが、そのとき、飲食店スタッフの声が映像に入った。

彼らは「あんな服をどうして着るのか」「下着を着ていないようだ」「Tバックじゃないのか」などと話した。さらには「胸も作り物」「そんなにかわいくもない」などの悪口もあった。

その生配信を見ていた視聴者がその事実をカムドンランに伝えると、彼女はスタッフに反論した。するとスタッフは「申し訳ない」と謝ったが、「申し訳ないが、私たちもそんな服装は初めて見た」などと弁明した。

この騒動はセクハラ問題としてイシューとなり、多くの批判の声が上がっていた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集